WiFi ローミング

どこからでも簡単に WiFi に接続

モバイル ユーザーは我先にと WiFi に群がります。まるで砂漠の中でオアシスを見つけたように、オープン WiFi ネットワークに突進するのです。しかし、通常、これは非常に手間がかる作業です。適切なネットワークを見つけて選択し、ポータル経由でログオンし、資格情報を何度も再入力しなければならないことも珍しくありません。公共 WiFi サービスは一足飛びに成長していますが、ユーザーにとっては未だに頭痛の種です。このため、このサービスを導入する通信業者は、正当な用途と価値を見い出せないでいます。

WiFi がセルラー ローミングのように動作し、ユーザーが電源を入れるだけでオンラインになれば最高だと思いませんか。802.11u ワイヤレス ローミング規格と Hotspot 2.0 で、これが可能になりました。

顧客を常時接続

Hotspot 2.0 では、契約者にとって、公共 Wi-Fi がセルラー ローミングと同様にシンプルでシームレスになります。どこにいようと携帯電話が自動的にローミング パートナー ネットワークを見つけてセキュアに接続するように、ユーザーは WiFi で同じ体験を得られます。

モバイル通信事業者、ケーブル プロバイダー、その他公共 WiFi 提供者は誰でも、他のプロバイダーとローミング パートナシップを結び、国内全土で、そして世界中で、顧客にシームレスな WiFi 接続を提供できます。このため、収益機会が増え、顧客とのつながりを維持する手段が増え、契約者の満足度が高まります。

セキュアな接続がシンプルに

Hotspot 2.0 を使用すれば、参加しているネットワークにユーザーが近づくと、通信事業者と契約者は事前にまたはリアルタイムで適切な資格情報とセキュリティ証明書を使用してデバイスを追加します。そして、ユーザーがホーム ネットワーク プロバイダーから離れているときはいつでも、そのユーザーのデバイスは、参加しているローミング パートナーの Hotspot 2.0 対応ネットワークがないか自動的に確認します。利用可能なネットワークがあれば、ユーザーは何もしなくても自動的に接続されます。  

WiFi プロバイダーは、デジタル証明書、ユーザー名とパスワード、SIM ベースまたは SIM ベース以外の資格情報など、契約者のデバイスを接続するために、さまざまなオプションを利用できます。公開鍵基盤 (PKI) を使用して接続の認証と暗号化を行うこともできます。また、契約者がこのサービスをいつ、どこで、どのように利用できるかというポリシーを厳密に管理できます。