モバイル ネットワーク事業者

WiFi でカバレッジとキャパシティをあらゆる場所に拡張

朗報です。高速モバイル サービスに対する契約者の要求は留まるところを知りません。反面、その要求に応えるには難しさが伴い、コストも増える一方です。

多くのキャリアにとって、データ送信のコスト増加は、収入の伸びをしのぎます。市場はますます混雑し、その結果、接続の途切れやパフォーマンスの低下を引き起こし、契約者は不満を募らせています。さらに、競合があらゆる角度から顧客を狙い、高い乗り換え率はコストの増大に拍車をかけています。

しかし、心配はご無用です。ラッカスにお任せください。セルラー フットプリントを Smart WiFi 技術で補完することで、従来のマクロ ソリューションと比較してほんのわずかなコストで、キャパシティ、効率、そしてリーチを拡張できます。常時稼働状態の屋内/屋外ワイヤレス サービスを提供して顧客の満足度を高めるとともに、収支を黒字に保つことができます。

キャリアグレードの WiFi で契約者の体験を向上

高基準の 3G/4G サービス提供に成功したはいいが、あまりに成功し過ぎて、多くの契約者は、モバイル ブロードバンドを基本的なユーティリティ、つまりオンにすればただちに使えるものと考えるようになってしまいました。これからは、ラッカスの画期的な Smart WiFi 技術を使用し、同じキャリアクラスの体験を、免許不要の周波数帯域で提供できます。 

高キャパシティ 802.11ac 技術、アダプティブ メッシュ ネットワーキング、そしてラッカスの特許取得 BeamFlex+ アンテナ技術を使用すれば、安定した高パフォーマンスのブロードバンドをあらゆる場所で提供できます。固定回線やマクロ ワイヤレス技術が使用できない、または高額になりすぎるような場所にまで、免許取得費用、長いリード タイム、複雑な構成なしにサービスを届けることができます。 

トラフィックのオフロードとネットワークの保護

最も高密度な「ホット ゾーン」での契約者体験はどのようになっているでしょうか。多くの混雑した都会の市場では、通話の中断やインターネット速度の低下は珍しくありません。残念ながら、不満を募らせた顧客による乗り換えも同様です。

そこでラッカスの登場です。ラッカスの最新アダプティブ アンテナ技術で、より強力な信号をより多くの契約者に届けることができます。ラッカスでは WiFi ネットワークを進化したパケット コアにシームレスに統合します。また、混雑が激しく成長の著しいエリアで、セルラー トラフィックを WiFi ネットワークにオフロードするためのサポートを提供できます。最も厳しい環境におけるワイヤレス体験を向上させつつ、マクロ投資の寿命を伸ばし価値を高めることができます。 

ブランドをサポートする WiFi 通話

成長は大歓迎です。しかし、混雑したエリアでの信号到達範囲とキャパシティの制限がユーザー体験を損なえば、成長は頭打ちになります。高トラフィック エリアでキャパシティを増加させる最も手っ取り早い方法のひとつは、ラッカスの Smart WiFi インフラに音声通話をオフロードすることです。 

ラッカスの特許取得 BeamFlex+ アンテナ技術は、接続されている各ユーザー向けに無線信号を最適化し、ラッカスの高度な QoS インテリジェンスは、音声トラフィックに優先度を付けて非常に明瞭な通話を実現します。WiFi を使用して安定した音声品質をユーザーに提供することでブランドを保護すると同時に、既存のマクロ投資の寿命を伸ばすことができます。 

802.11ac Wave 2

概要:

802.11ac Wave 2 は最新の WiFi 規格です。第 1 世代の 802.11ac 技術を基盤とし、データ レートを向上させ、一度に 1 つのクライアントと通信するのではなく 4 つの異なるクライアントと同時に通信できる機能を追加して構築されています。 

利点:

802.11ac Wave 2 は、2015 年にリリースされてから最も人気の高い WiFi 技術になり、リリース直後の 2 年間で 2 桁成長を遂げています。有線ネットワークと同等か、それを凌ぐワイヤレス速度を提供できるため、多くのビジネスは LAN 接続の主要な手段としてこれを使用しています。 

ラッカスは早くから 802.11ac に参入し、先進的な Wave 2 アクセス ポイントと、業界初の商用 Wave 2 屋外アクセス ポイントのひとつを提供しました。今日、ラッカスは市場で入手可能な最大規模の Wave 2 製品ラインナップを用意しています。Wave 2 キャパシティを Smart WiFi インテリジェンスとアンテナ設計におけるラッカスの画期的な技術と組み合わせることで、ラッカスは世界中の何千もの場所で超高速 802.11ac を実現しています。 

メッシュ ネットワーキングと SmartMesh

パフォーマンス最適化

概要:

ワイヤレス ネットワークは当然ワイヤレスであるべきです。ところが従来の WLAN では、各 AP までケーブルを敷く必要がありました。メッシュ ネットワークでは、各 AP が互いにワイヤレス接続されます。

利点:

施設全体にイーサネット ケーブルを配線する必要がなければ、高額な費用をかけなくて済みます。しかし、エンタープライズへのメッシュ ネットワーク導入は容易ではありません。従来の方法では、複雑な多数の設定を行う必要があり、安定性と信頼性の高い接続を確保することは困難でした。

ラッカス SmartMesh ネットワーキング技術では、メッシュ ネットワークをエンタープライズ レベルに引き上げました。各 AP で複雑な設定を順に行わなくとも、ボックスにチェックを付けるだけで設定が完了します。メッシュは自動的に形成されます。また、ラッカスの BeamFlex 技術では、AP のアンテナ パターンがパケットごとに動的に変更されて環境に適応し、安定した接続が確保されます。エンタープライズは、従来のワイヤレス導入費用の半分の時間と費用で、自己形成型、自己修復型のメッシュ ネットワークを手にすることができます。

BeamFlex アダプティブ アンテナ技術

パフォーマンス最適化

概要:

高性能の小型アダプティブ アンテナ システムで、アンテナ プロパティを電子的に操作する複数の要素が搭載されていて、通信相手の各デバイスに最適なアンテナ パターンを形成できます。

利点:

従来のワイヤレス アンテナは「全方向性」(信号を全方向に発信する) または「指向性」(信号を一方向に発信する) のどちらかです。ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術では、より適応力の高いアプローチをとっています。BeamFlex 技術では、ラッカス AP に搭載されているアンテナ システムが周囲の環境を持続的に感知して最適化できます。 このアンテナ システムでは無線干渉、ノイズ、ネットワーク パフォーマンスの問題が最低限に抑えられ、アプリケーション フローが改善されます。これには以下の利点があります。

  • パフォーマンスと信号到達範囲の向上
  • 非常に明瞭なビデオおよび音声通信
  • 電力効率の最大化

BeamFlex+ では、ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術を進化させ、アダプティブ技術をモバイル デバイスに適用できるようになりました。BeamFlex+ では、クライアント デバイスの場所に加えて、クライアント デバイスの向きにアンテナを適応させることができます。