小売業と中小規模ビジネス

店舗を接続して単位面積あたりの収益を向上

今日、買い物客は必ずスマートフォンを携帯しています。スマートフォンを使用して、価格を比較し、商品情報を確認するのです。店舗では、友達や家族とのコミュニケーションにもスマートフォンを使用します。そして、常時接続できる WiFi が提供されることを期待しています。

これらすべてが、ビジネスの煩雑さを増すだけのものに見えるかもしれません。しかしじっくり観察すると、顧客とのつながりを深め、収益を上げるための新しい方法という真の姿が見えてきます。

ラッカス Smart WiFi は、接続された消費者から収益を上げる手助けをします。高密度の公共施設向けに設計された、セキュアで管理が簡単なソリューションを活用して、購買時点で顧客に影響を及ぼし、店舗をより効率的に運営し、売上を伸ばすことができます。 

店舗の生産性を高める

果報は寝て待てと言いますが、特に精算時には、顧客は聞く耳を持ちません。セキュアで安定したワイヤレス接続があれば、よりパーソナル化されたサービスを迅速に提供し、店舗運営の効率を高めることができます。

在庫の確認、オンライン発注、販売の処理でさえも、固定されたレジの代わりに、ハンドヘルド デバイスで店内のどこからでも行なえます。複数のデバイス (アラーム、ビデオ カメラ、サーモスタット、購買時点システム) を WiFi ネットワークにセキュアに接続し、一元管理ができます。また、これをリモートからでも行えます。 

より優れた買い物体験を提供 

迅速で魅力的なサービスにはパーソナル化が欠かせません。しかし、独立小売業者は、適切な人員バランスを見つけることの難しさを理解しています。ラッカスは、WiFi を使用して現在の空間と人員から付加価値を得るお手伝いをします。

販売員が他の顧客に応対しているときにも、買い物客がスマートフォンから商品情報や店舗サービスを自分で入手できるようにしたり、買い物客の行動に関する洞察をリアルタイムで収集し、何がうまくいっていて何がうまくいっていないかを把握したりすることが可能です。また、フットフォール分析を使用して店舗レイアウトを最適化し、買い物客が訪れたい店舗に変身させることができます。

WiFi 体験を収益化

店舗が好むと好まないとにかかわらず、顧客は自分のスマートフォンを使用して料金を他社と比較します。顧客が携帯網を使用すると、店舗は圏内から外されてしまうかもしれません。一方、顧客が WiFi を使用しているときは、WiFi を捕えた顧客から多くを学ぶことができます。

Smart WiFi ネットワークを使用すれば、顧客、顧客の本人情報、電子メール アドレス、ソーシャル コネクション、さらに人口動態情報に至るまで、深く洞察できます。また、WiFi 接続によって、店内でも継続的にターゲットを絞ったプロモーションを行い、買い物カゴの中身を増やしロイヤリティを高める機会を得ることが可能です。