OpenG

WiFi の手軽さでLTE のカバレッジ

高品質な屋内セルラーカバレッジおよびキャパシティの課題は、長い間頭痛の種でした。DAS などの既存の代替手段は高額かつ複雑である一方、従来型のスモールセルは複数通信事業者に対応できません。

ラッカスのOpenG 技術では、CBRS 帯域上のLTE ベースの周波数帯共用機能と、ニュートラルホスト対応スモールセルとを組み合わせることによって、この課題を解決します。OpenG を使用すると、コスト効率が高く、WiFi のようにシンプルな屋内および屋外セルラーカバレッジとキャパシティを導入できます。これは、スタンドアロンのラッカス3.5GHz スモールセルを使用するか、現在のラッカスWiFi アクセスポイントに接続するプラグインユニットで達成できます。

サービスプロバイダーか企業かにかかわらず、この新しい「イノベーション帯域」を活用することをお考えの場合は、ラッカスがお役に立てます。

屋内の高品質セルラーカバレッジおよびキャパシティの問題は、屋内およびキャンパスのあちこちにセルラー「デッドスポット」があることから明らかです。一般的に、こうしたデッドスポットが発生する原因は、新しい建築部材が信号を遮断すること、高層階へのマクロリーチが安定していないこと、地上階のシャドーイングで接続が弱くなること、そして低周波数帯がキャパシティの限界にきていることです。このためセルラーパフォーマンスが悪く、屋内で携帯電話が繋がりにくい原因になっています。

OpenG は米国のみならず、グローバルな商機を生み出します。世界中の規制機関が、各国でCBRS に該当する周波数帯用に同様の規制を採用して各国の利用者に提供すると見られています。これは3.5 Ghz 周波数帯である場合も、利用可能な他の周波数帯を使う場合もあります。

OpenG

概要:

OpenG は、従来のマクロ ネットワークとの接続が難しい屋内のセルラー カバレッジとキャパシティを改善する、ラッカスの技術イノベーションです。新しい周波数帯共用 (CSS) 機能をスモール セル技術と組み合わせて、ライセンス型セルラー接続を屋内で実現します。米国において OpenG ソリューションは、FCC (Federal Communications Commission) が定める CBRS (Citizens Broadcast Radio Service) 規制下で 3.5GHz 周波数帯を使用します。ラッカスは、ワイヤレス業界のリーダーで構成されるグループの一員として、CBRS を活用したソリューションの開発、マーケティング、プロモーションを推進しています。(リリースはこちら。)

利点:

従来のセルラー サービスは、屋外ではセルラー マクロ ネットワークに接続し、セルラー信号が弱い室内では WiFi を利用するという二者択一型でした。モバイル通信中にオフィスの建物や屋内駐車場に入ったことがあれば、なぜこれが問題なのかおわかりでしょう。多くの建物の中、特に新建材を使った建物では、ユーザーがサービスを利用したくても、ライセンス型無線周波数帯で運用されるセルラー サービスの信号を通さない場所がありました。特に屋内の奥まったところでは、セルラーの「デッド ゾーン」に入り込むと通話が切断され、契約者は不満を募らせていました。

LTE と WiFi の融合、そして CSS の登場により、これらすべてが過去のものになりつつあります。サービス プロバイダーや企業はラッカスの OpenG などのソリューションを使用して屋内で「ニュートラル ホスト」スモール セルを導入し、かつては届かなかったような場所にセルラー接続を拡張できます。その結果、屋内カバレッジが向上し、ユーザーの満足度が高まり、マネージド ワイヤレス サービスに新しい商機が生まれます。