マルチギガビットの有線/無線アクセス

マルチギガビットの速度―追加配線が不要

より強力で、常に接続されたモバイル デバイスへの対応。より多くの帯域幅を消費し、遅延に敏感なビデオやクラウド アプリケーション。あらゆる場所で仕事をし、遊ぶための機動性の向上。

優れた体験を実現するには、アクセス ポイントからスイッチまでのネットワーク アクセスのインフラストラクチャが、これまでにない形で互いに連携する必要があります。

課題: 802.11ac、802.11ax、および将来のワイヤレス技術は、ギガビット イーサネット (GbE) スイッチ ポートの接続パフォーマンスを超える可能性があります。一部のベンダーは、ネットワーク エッジにおいて 10 GbE にアップグレードすることが唯一のオプションであると言いますが、これには極めて高額な費用と、大きな混乱を伴います。ラッカスは、これに代わるソリューションとして、2.5GbE 接続の 802.11ac、または 802.11ax および 2.5/5/10GbE を実現する次世代規格の接続向けに最適化された、アクセス ポイントおよびスイッチを含むオプションを提供します。

ラッカスで最適化された有線/無線マルチギガビット ソリューションを使用すれば、既存の配線でマルチギガビット アクセスを手に入れることができます。しかも価格は手頃で、中断もありません。

詳細

スイッチングで最適化された Wi-Fi

802.11ac は、より多くのデバイスと、帯域幅を多く消費するアプリケーション向けに構築されましたが、単一の 802.11ac Wave 2  クライアントではすぐに既存の一般的な AP 上の 1 GbE のバックホールのリンクの負担となります。ラッカスのマルチギガビットのアクセス スイッチは、ポートあたり最大 2.5Gbps を提供することで、バックホールのパフォーマンスのボトルネックを解消します。さらに、5/10 GbE マルチギガビット スイッチでは、最大 1500 ワットの PoE バジェットと 100 Gbps のアップリンクを利用できるため、将来的にどのようなネットワークにも対応できます。

既存の配線を使用

既存の Cat 5e イーサネット配線に 2.5 GbE マルチギガビット AP (R720) およびスイッチ (ICX 7150-Z シリーズ) を加えて容量を倍増させることができます。Cat 6 または 6A が導入されている場合は、フラッグシップの ICX 7650 Z-シリーズ スイッチ (2.5/5/10 GbE ポート付き) をご検討ください。

バランスのとれたパフォーマンスと費用

ラッカスの 2.5GbE アクセス AP とスイッチなら、使用できないパフォーマンスに無駄な費用をかけずにすみます。最新の ICX 7650 Z-シリーズでは、近い将来利用可能になる次世代の Wi-Fi 向けにより高いパフォーマンスを提供します。

ラッカス ブログ

https://theruckusroom.ruckuswireless.com/wp-content/uploads/2018/11/multigigabit...

マルチギガビットのソリューション - ラッカス ネットワークを選択すべき理由

ケース スタディ

https://res.cloudinary.com/ruckus-wireless/image/upload/ar_16:8,c_fill,g_auto,q_... アルバータス マグナス カレッジ

入学者数の目標の達成には優れたネットワークが不可欠です

アルバータス マグナス カレッジ

詳しくはこちらをお読みください