マルチギガビットの有線/無線アクセス

マルチギガビットの速度―追加配線が不要

激増の時代に対応する準備は整っていますか?より強力になり、常に接続されているモバイル デバイス。より多くの帯域幅を消費し、遅延に敏感なビデオやクラウド アプリケーション。あらゆる場所で仕事をし、遊ぶための機動性の向上。

より多くを提供するために、ネットワーク アクセス インフラストラクチャは、アクセス ポイントからスイッチに至るまで、かつてないほど連携を強める必要があります。

課題: 802.11ac、802.11ax、および将来のワイヤレス技術は、ギガビット イーサネット (GbE) スイッチ ポートの接続パフォーマンスを超える可能性があります。一部のベンダーは、ネットワーク エッジにおいて 10 GbE にアップグレードすることが唯一のオプションであると言いますが、これには極めて高額な費用と、大きな混乱を伴います。一方、ラッカスは、2.5GbE 接続対応の 802.11ac または 2.5/5/10GbE 接続対応の 802.11ax や次世代の規格を含むオプションを用意しています。

ラッカスで最適化された有線/無線マルチギガビット ソリューションを使用すれば、既存の配線でマルチギガビット アクセスを手に入れることができます。しかも価格は手頃で、中断もありません。

802.11ac Wave 2 を解放

この最先端、最高速の Wi-Fi 技術は、モバイル デバイスおよび帯域幅を大量に消費するアプリケーションの急激な増加に対応するために開発されました。しかし、802.11ac Wave 2 アクセス ポイントは良いことずくめに過ぎて、1 台の 802.11ac クライアントが短時間のうちに既存の 1 GbE バックホール リンクに過剰な負荷をかけてしますことがあります。ラッカスのマルチギガビット アクセス スイッチとアクセス ポイントはキャパシティをちょうど適切なレベルに増加させます。1 ポートにつき 2.5、そして最大 1480 ワットの PoE バジェットで、より多くのデバイスと、より要求の高いアプリケーションを接続できます。

既存の配線をそのまま使用

5 GbE および 10 GbE のポートで実現可能な高速を活用するには、現在の Cat 5e イーサネット プラントを入れ替える必要があります。そして、そのためにはカテゴリ 6 配線を新たに設置しなければならず、膨大なアップグレード費用が必要になります。ラッカス R720 アクセス ポイントと ICX 7150 Z シリーズ スイッチの両方で 2.5 GbE に対応すれば、既存の配線をそのまま使用してポートごとのキャパシティを 2 倍以上に増やすことができます。

手頃な価格でパフォーマンスを向上

最新の 5 GbE および 10 GbE 技術を利用すればキャパシティを大幅に増やすことができますが、それに伴って費用も増大します。ラッカスのマルチギガビット アクセスを使用すれば、今日の厳しい要件に「ちょうどよい」コスト/パフォーマンスを手頃な価格で手に入れることができます。

マルチギガビット技術

一般的なワイヤレス技術

概要:

IEEE 802.3bz 規格を始めとするマルチギガビット技術で、2016 年に 2.5GBASE-T および 5GBASE-T として正式にリリース。IEEE 802.3bz はツイストペア銅線経由イーサネットの規格で、速度は 2.5 Gbps または 5 Gbps です。

利点:

ギガビット接続は、何年間も便利に利用され、ラップトップやスマートフォン、その他のデバイスに遅延の少ないデータを高速で提供してきました。しかし、最新のアクセス ポイントの場合、1 GbE 接続では力不足であるため、有線ネットワークがパフォーマンスのボトルネックとなっています。マルチギガビット技術は 1 Gbps 以上で動作し、新たな 2.5 および 5 Gbps のデータ速度に対応しながら、一般的に導入されている Cat 5e (2.5 Gbps 用) および Cat 6 (5 Gbps 用) 配線も活用します。このため、企業は費用効率を最大限に高めながら中断を最低限に抑えて、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化することができます。Ruckus ICX Z シリーズ スイッチと Ruckus R720 アクセス ポイントは、マルチギガビット技術と 802.3bz に対応しているため、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化するために役立ちます。

802.11ac Wave 2

概要:

802.11ac Wave 2 は最新の Wi-Fi 規格です。第 1 世代の 802.11ac 技術を基盤とし、データ レートを向上させ、一度に 1 つのクライアントと通信するのではなく 4 つの異なるクライアントと同時に通信できる機能を追加して構築されています。 

利点:

802.11ac Wave 2 は、2015 年にリリースされてから最も人気の高い Wi-Fi 技術になり、リリース直後の 2 年間で 2 桁成長を遂げています。有線ネットワークと同等か、それを凌ぐワイヤレス速度を提供できるため、多くのビジネスは LAN 接続の主要な手段としてこれを使用しています。 

ラッカスは早くから 802.11ac に参入し、先進的な Wave 2 アクセス ポイントと、業界初の商用 Wave 2 屋外アクセス ポイントのひとつを提供しました。今日、ラッカスは市場で入手可能な最大規模の Wave 2 製品ラインナップを用意しています。Wave 2 キャパシティを Smart Wi-Fi インテリジェンスとアンテナ設計におけるラッカスの画期的な技術と組み合わせることで、ラッカスは世界中の何千もの場所で超高速 802.11ac を実現しています。 

802.11ax 

一般的なワイヤレス技術

概要:

802.11ax は最新の Wi-Fi IEEE ワイヤレス規格です。この新規規格は、さまざまな点で非常に進化しています。  マルチ入出力 (MU-MIMO) 技法を拡大し、802.11ac Wave 2 の 4 ストリームから、最大 8 ストリーム まで同時送信できるようになっています。さらに、MU-MIMO をベースに直交周波数分割多元接続 (OFDMA) 技術を採用し、MU-MIMO の各ストリームを 4 つの追加ストリームに分割して、ユーザーごとの有効平均スループットを 4 倍に増やします。

1024-QAM によるモジュレーションとコーディングの新規セットを採用することで、パケットごとの送信データを増やし、スループットを向上させます。また、物理的および MAC レイヤーの全体的な効率を高め、バッテリー電力管理を改善します。

旧規格を 1 つしかないスーパーのレジに長い列を作って並ぶ買い物客に例えるとすれば、802.11ac の MU-MIMO はそれを 4 つのレジに増やして 4 列の買い物客に対応できるようになったようなものでした。802.11ax ではそれをさらに 8 つのレジに増やして 8 列の買い物客に対応できるようになりました。さらに OFDMA では、手が空いているときに 1 つのレジで複数の買い物客に対応できるようになっています。最初の買い物客が何かを取りにレジをちょっと離れている間に、次の買い物客に対応できるといったことを想像してみてください。

利点:

Wi-Fi は現在、何十万ものデバイスが帯域幅を奪い合ってる満員のスタジアムや混雑した空港に導入されており、現在の 802.11ac 規格による対応は苦戦を強いられています。802.11ax は、高密度環境でユーザーごとの平均スループットを 4 倍に増加させます。

この最新規格をラッカスの超高密度テクノロジー スイートと組み合わせることで、最高のエンドユーザー体験を提供できます。