ホテル、サービス業

自宅同様の高速で安定したワイヤレスを宿泊者に提供

トリップアドバイザーの評価を最近確認しましたか?評価が芳しくなければ、原因はシンプルなことかもしれません。低品質の WiFi です。ホテル宿泊客の 83% が低品質の WiFi について投稿しており、その 36% は二度とそこを予約しません。素敵な客室と優雅なロビーにいくら投資しても、すべてのデバイスとマルチメディア アプリケーションで強力かつ安定したワイヤレス接続を敷地内のどこにいても利用できるのでなければ、宿泊客のリピートは望めません。 

しかし、心配はご無用です。ラッカスにお任せください。ホスピタリティ市場の 70%、そして世界の高級施設の 86% がラッカス WiFi に信頼を寄せているのには訳があります。宿泊客が自慢できるワールドクラスのワイヤレス接続を提供できるよう、ラッカスがお手伝いできます。 

どこからでも宿泊客のすべてのデバイスに高パフォーマンスを提供

敷地内で無線周波 (RF) の届く空間を見渡せば、ただちに問題に気づくことでしょう。非常に多数のデバイスが競って接続しようとしており、コンクリートの壁は信号を吸収しています。予期しなかった死角で接続が途切れ、宿泊客のイライラは最高潮に達します。 

特許取得BeamFlex+アダプティブ アンテナ技術が搭載されたラッカス ZoneFlexワイヤレス アクセス ポイントは、宿泊客の全デバイスの接続を個別に最適化します。干渉その他の問題にリアルタイムで自動的に適応するため、デバイス数が増えても、宿泊客はより多くの場所で、同様の優れた接続を利用できます。ラッカスを使用するホテルで WiFi 関連の不満が 80% 以上も低下した理由はそこにあります。 

宿泊客を接続するだけでなく宿泊客に接続する

(少なくとも、エレベーターや熱湯と同程度に) WiFi はすでにアメニティとして提供されています。施設に足を踏み入れた途端、宿泊客は接続を開始しています。このインフラを利用してホテル サービスの利便性を高め、収益の増加を図らない手はありません。

同じ高パフォーマンス ラッカス WiFi プラットフォームで、どのスマート デバイスからでもチェックインとチェックアウトのプロセスを手早く行ったり、宿泊客をホテル情報、スパ サービス、特別プロモーションなどとつなげることができます。また、ロイヤリティ プログラムと直結する位置情報サービス (インタラクティブ マップ、位置情報ベースの広告) も使用することが可能です。 

訪問者と IT にとって簡単なゲスト アクセス

IT チームは労われてしかるべきです。目の前にある何千もの異なるスマート デバイスを施設の WiFi に問題なく接続し、煩雑なゲスト サービスにイライラを募らせたユーザーからの不満をかわし、その間すべての安全性を確保する、これは運営の悪夢です。では、どのように対処すべきでしょうか。

ラッカスを使用すれば、ゲスト オンボーディングを簡単、シームレス、かつ安全に行えます。ゲストが、ソーシャル メディア、ロイヤリティ プログラムの資格情報、その他任意の方法で WiFi にログオンできるようにし、一度ログオンしたら、その後はユーザーが何もしなくても自動的にアクセスできるようにします。しかもそのすべてを、施設ブランドに関連付けられたセルフサービス ポータルで行い、業界標準の WiFi セキュリティですべての接続を保護します。  

BeamFlex アダプティブ アンテナ技術

パフォーマンス最適化

概要:

高性能の小型アダプティブ アンテナ システムで、アンテナ プロパティを電子的に操作する複数の要素が搭載されていて、通信相手の各デバイスに最適なアンテナ パターンを形成できます。

利点:

従来のワイヤレス アンテナは「全方向性」(信号を全方向に発信する) または「指向性」(信号を一方向に発信する) のどちらかです。ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術では、より適応力の高いアプローチをとっています。BeamFlex 技術では、ラッカス AP に搭載されているアンテナ システムが周囲の環境を持続的に感知して最適化できます。 このアンテナ システムでは無線干渉、ノイズ、ネットワーク パフォーマンスの問題が最低限に抑えられ、アプリケーション フローが改善されます。これには以下の利点があります。

  • パフォーマンスと信号到達範囲の向上
  • 非常に明瞭なビデオおよび音声通信
  • 電力効率の最大化

BeamFlex+ では、ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術を進化させ、アダプティブ技術をモバイル デバイスに適用できるようになりました。BeamFlex+ では、クライアント デバイスの場所に加えて、クライアント デバイスの向きにアンテナを適応させることができます。