U.S. Federal Government

Modernize and Scale the Network with Secure Wi-Fi and Switching

The primary mission of military and civilian federal agencies—protecting and serving citizens—has never been more critical. But budget and manpower realities, not to mention evolving security threats, are making it harder to succeed at these missions. Your agency needs to modernize its IT infrastructure continuously, do it at scale, and manage it with the people and budget you have. ‘Doing more with less’ is not just a clever catchphrase.

With a twenty-year history of Federal IT network modernization, Ruckus knows how to help federal agencies update their access infrastructure in a scalable and secure fashion. From software-upgradeable switches to Wi-Fi that works in the toughest environments, to secure access for every device and user, Ruckus makes life easier for IT—with a total cost of ownership that gets IT modernization done faster.

Learn more about Campus Switches Certifications

Build and manage city-scale networks

Federal networks operate at a scale shared by few organizations. Such scale brings challenges: multiple sites with multiple management interfaces, inflexible architectures, efficient network problem isolation, and adequate service-level delivery across diverse indoor and outdoor environments. Ruckus provides the tools to build and manage large-scale networks:

Secure access, no matter the device or the environment

Federal workforces want the mobility and convenience of “Bring Your Own Device” (BYOD). But risks associated with identity and unauthorized access are all too real. Even with agency-supplied devices, an IT helpdesk overrun with password-related trouble tickets is also a too-frequent reality.

The result: security, employee productivity and IT productivity are lower than they should be. Ruckus helps by providing the means for secure user and device access in a way that’s more secure than passwords, doesn’t burden IT and minimizes end-user frustration—for hundreds of thousands of users.

The Ruckus Cloudpath Enrollment System offers:

  • Certificate-based, secure connectivity with WPA2-Enterprise—the gold standard in encryption—to eliminate password hassles for BYOD users
  • Self-service onboarding that dramatically reduces the burden on IT when it comes to bringing new users and devices—including BYOD and guest users—onto the network
  • Policy management for granular role-based access control—users only get access to appropriate network resources
  • Maximum flexibility with cloud or on-premises deployment, support for any wired/wireless network infrastructure, and customizable workflows
  • Visibility and control over what devices are on the network, with each device associated with a user

Squeeze more out of your network, cut your TCO

As a federal IT leader, a gold-plated network is not what you’re after. You need to modernize as much of your network as you can with this year’s budget while making sure you maximize the lifespan of the equipment you buy. A Ruckus network lets you:

  • Minimize over-provisioning through use of fixed, stackable, software-upgradeable switches that yield chassis benefits without chassis cost and forklift replacement cycles
  • Minimize sparing requirements. Every switch and every access point can be used in every Ruckus control, management and distribution architecture.
  • Reduce WLAN infrastructure cost by deploying fewer, more capable access points that serve more users better
  • Reduce backhaul costs by distributing the WLAN data plane across sites
  • Reduce WLAN CAPEX by going all-virtual

セキュアなデバイス オンボーディングと Cloudpath

セキュリティとオンボーディング

概要:

2005 年は遠い過去になり、非常にセキュアでシンプルなワイヤレス デバイス オンボーディングを妨げるものは何もありません。ラッカス Cloudpath ソフトウェアを使用すれば、エンタープライズ、官公庁、教育機関は簡単にセキュアなオンボーディングを行えるようになります。

利点:

公共 WiFi ホットスポットは、ゲストと訪問者の満足度を高めるための優れた手段です。施設滞在時間を増やし、直接的および間接的に収益の増加につながりますが、とにかく施設またはキャンパスでの体験を向上させたい場合にも有効です。ところが、ほとんどの場合、公共ホットスポットではセキュリティが保護されておらず、暗号化さえもありません。保護されていないホットスポットに伴うセキュリティ リスクについて理解するユーザーが増えると、こうしたユーザーはホットスポットへの接続を躊躇するようになります。その結果、活動が限定され、公共 WiFi 導入のそもそもの動機となった価値が減ってしまいます。

Cloudpath ソフトウェアを使用するセキュアなオンボーディングでは、ゲストは煩雑な操作を行わずにセキュアに公共ホットスポットに接続できます。ゲストは一度オンボーディングすれば、同じローミング協定の下で設定されているどのホットスポットにもローミングできます。ゲストは WLAN に関連付けられると同時にブランデッド Web ポータルに誘導され、その時点でセキュア アクセスまたはオープン アクセスを選択できます。専有の自動デバイス イネーブルメント (ADE) で、デバイスのセキュリティは数秒以内に確保されます。これらすべてが断然優れた接続と比類のないユーザー体験につながるのです。

BeamFlex アダプティブ アンテナ技術

パフォーマンス最適化

概要:

高性能の小型アダプティブ アンテナ システムで、アンテナ プロパティを電子的に操作する複数の要素が搭載されていて、通信相手の各デバイスに最適なアンテナ パターンを形成できます。

利点:

従来のワイヤレス アンテナは「全方向性」(信号を全方向に発信する) または「指向性」(信号を一方向に発信する) のどちらかです。ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術では、より適応力の高いアプローチをとっています。BeamFlex 技術では、ラッカス AP に搭載されているアンテナ システムが周囲の環境を持続的に感知して最適化できます。 このアンテナ システムでは無線干渉、ノイズ、ネットワーク パフォーマンスの問題が最低限に抑えられ、アプリケーション フローが改善されます。これには以下の利点があります。

  • パフォーマンスと信号到達範囲の向上
  • 非常に明瞭なビデオおよび音声通信
  • 電力効率の最大化

BeamFlex+ では、ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術を進化させ、アダプティブ技術をモバイル デバイスに適用できるようになりました。BeamFlex+ では、クライアント デバイスの場所に加えて、クライアント デバイスの向きにアンテナを適応させることができます。