Wi-Fi 6

What is Wi-Fi 6 (802.11ax)?

Wi-Fi experiences a seismic change approximately every five years – and Wi-Fi 6 / Wi-Fi 6 (802.11ax) is the latest generation of Wi-Fi that bridges the performance gap towards ten gigabit speeds. 新たな Wi-Fi 規格では、より高速なネットワークのパフォーマンスを実現し、同時接続台数が増え、Wi-Fi を「ベスト エフォート」の努力から、インターネット接続の事実上の媒体となった決定的な無線技術へと変革させます。 With an expected four-fold capacity increase over its 802.11ac Wave 2 predecessor, Wi-Fi 6 / Wi-Fi 6 (802.11ax) deployed in dense device environments will support higher service-level agreements (SLAs) to more concurrently connected users and devices with more diverse usage profiles.

詳細

Wi-Fi 6 (802.11ax) offers a range of technical enhancements to optimize spectral efficiency, increase throughput and reduce power consumption. これらには、以下のようなものがあります。

OFDMA および MU-MIMO

直交周波数分割多元接続 (OFDMA) およびマルチユーザー MIMO (MU-MIMO) は、未認可 Wi-Fi スペクトルにおける信頼性と効率性を向上させる技術です。従来のWi-Fi とは異なり、OFDMA によってデバイスが一様に最小のコンテンションでより多くの注意を引けるため、Wi-Fi は決定性になります。これにより、特に密度が高い環境で Wi-Fi のパフォーマンスが安定します。

各 Wi-Fi チャンネルは、小さなサブチャンネル (リソースユニット、RU) に分割されます。各 RU (サブチャンネル) は、同時にサービスが提供される異なる複数のクライアントに対応できるため、AP によってサブチャンネルの割り当て方法が決定されます。この技術により、幅は狭いけれどもそのユーザーに専用のサブチャンネルが作成されるため、ユーザーあたりの平均スループットが向上します。さらに、OFDMA が、ユーザーによる多種多様な操作 (IM、メール、軽量ウェブブラウジング、大量ダウンロードなど) をサポートしながら、スペクトル効率を向上させ遅延を低減します。

重要な点は、複数ユーザーを同時サポートするにあたり、OFDMA と MU-MIMO は互いに補い合う技術であるということです。具体的には、OFDMA の真価が生かされるのは、複数の接続においてごく限られた量のデータが転送される場合です。すべての距離 (近距離、中距離、遠距離) で効果的である ODFMA により、低遅延が実現し、OBSS 干渉の問題を軽減できます。一方、MU-MIMO はフルバッファ トラフィックを使用する複数ユーザーに特に有効であり、近距離から中距離で最も効果的です。

アップリンク MU-MIMO

With Wi-Fi 6 (802.11ax), OFDMA and MU-MIMO are supported in downlink (from AP to stations) and uplink (from stations to AP). AP は両方向で送信をスケジュールします。 This contrasts with pre-Wi-Fi 6 (802.11ax) networks (especially in uplink direction), where resource allocation is contention-based, with individual stations making the decision to appropriate the medium and transmit data.ステーションの増加に伴う競合の増加

サブキャリアのスペーシングと MAC/PHY の改善

With Wi-Fi 6 (802.11ax), sub-carrier spacing is reduced, thereby enabling a 4X jump in the number of available data-tones and significantly increasing maximum PHY rates. さらに、データトーンが増えたことで、OFDMA との連携により複数ユーザーが効率よくサポートされます。 Wi-Fi 6 (802.11ax) also optimizes spectral efficiency with more tones/channel, reduces overhead, bolsters outdoor operation and facilitates a quantum jump in highest achievable PHY rates. In addition, Wi-Fi 6 (802.11ax) APs maintains two separate network allocation vectors (NAVs) to prevent misbehavior and collisions. Last, but certainly not least, Wi-Fi 6 (802.11ax) features a 1024-QAM constellation (in contrast to 256-QAM for 11ac), enabling a 25% physical data rate increase that in combination with other Wi-Fi 6 (802.11ax) techniques offer up to 4x the capacity.

ターゲット起動時間 (TWT)

IEEE 802.11ah 規格で初めて導入されたターゲット起動時間 (TWT) により、スリープ時間と起動時間をスケジュールできます。併せて、AP とクライアントの間で起動時間を事前ネゴシエートすることで、クライアントデバイス間の電波競合を回避できます。これにより、電波をより効率的に使用し、クライアントデバイスのバッテリー寿命を向上させることができます。

“As part of our test bed, the Ruckus R750 access point validates other devices for Wi-Fi CERTIFIED 6 interoperability.”

KEVIN ROBINSON
VP of Marketing
Wi-Fi Alliance

Ruckus Networks R750 is the world’s first Wi-Fi CERTIFIEDTM 6 Access Point.

詳しくはこちらをお読みください

IDC Technology Spotlight資料

新たな 802.11ax Wi-Fi 規格と、それが企業にどのような変革をもたらすのかを評価。

詳しくはこちらをお読みください

高密度なエリアにおいて Wi-Fi に影響する 5 つの問題

そして、これらの問題を解消するためにラッカスが提供するソリューション

詳しくはこちらをお読みください

ラッカス ブログ

https://theruckusroom.ruckuswireless.com/wp-content/uploads/2018/09/wifiillustra...

802.11ax の基盤: ターゲット起動時間 (TWT)

https://theruckusroom.ruckuswireless.com/wp-content/uploads/2018/07/worldCUp-600...

Wi-Fi と 2022 ワールド カップについて語る

ラッカスネットワークス

詳しくはこちらをお読みください
https://theruckusroom.ruckuswireless.com/wp-content/uploads/2017/09/blog.smart_....

802.11ax AP でスマート シティを接続

ラッカスネットワークス

詳しくはこちらをお読みください
https://theruckusroom.ruckuswireless.com/wp-content/uploads/2018/07/FinalR730-gl...

ラッカスは R730 AP で超高密度 Wi-Fi 展開をターゲットとしています

https://theruckusroom.ruckuswireless.com/wp-content/uploads/2018/09/esports3-600...

eSports Wi-Fi FTW!

ラッカスネットワークス

詳しくはこちらをお読みください