一時クライアント管理

パフォーマンスの最適化

概要:

一時クライアント管理とは、統計的手法を利用して、ラッカス AP と一時クライアント (AP のカバレッジ エリアに短時間存在するデバイス) との関連付けを遅らせる機能です。

利点:

高密度 Wi-Fi ネットワークでは、すでに接続されているクライアントの接続状況が悪くなるユーザー体験を一時クライアントが損なう可能性があります。この問題は、電車の駅、バス ターミナル、さまざまなホット スポット施設で、エリアを通過する何千個ものデバイスが、接続する意図のない AP に管理フレームを送信するような場合に頻繁に起こります。これにより、不要なトラフィックがネットワークに負担をかけ、Wi-Fi の速度低下を引き起こします。

一時クライアント管理により、ラッカス AP は既に接続されている一時的でないクライアントへの対応を最大にし、エアタイムの効率を高めることができます。

関連商品とソリューション