セキュアなゲスト アクセス

ネットワーク セキュリティ

概要:

学校、大学、政府機関、小売、サービス、オフィスを含めあらゆる場所において、訪問者は自分のデバイスを簡単かつセキュアに接続できることを当然と考えています。セキュア ゲスト アクセスとは、ビジタ- (ベンダー、パートナー、コンサルタントなどのあらゆる種類のビジター) が有線/無線ネットワークを介してインターネットやローカル ネットワーク リソース サービスにセキュアにアクセスするための方法を指します。

利点:

適切に設定した場合、ゲスト アクセスは、提供側とエンド ユーザーの両方にとって有益です。ネットに素早く簡単に接続できれば、ゲスト ユーザーの生産性が高まります。インターネット接続があれば、訪問者はその場所で目的のビジネスやその他のアクティビティを行うことができ、それが組織の利益にもなります。最新のゲスト アクセス システムで、訪問者は IT の介入なしに各自のデバイスをインターネット アクセス用にセキュアに自己プロビジョニングできるため、費用と労力のかかるヘルプ デスク チケットを回避できます。こうしたシステムでは、IT チームが、スポンサー開始型、スポンサー承認型、完全なセルフサービス型などにネットワーク オンボーディング ワークフローをカスタマイズできます。ゲストは個別のログイン情報を SMS、電子メール、または印刷されたクーポンで受け取ります。

IT チームはオンボーディング ポータルをカスタマイズし、外観や使用感を組織のブランドにマッチさせることができます。また、ユーザーの滞在時間に応じて、特定期間のアクセス許可を与えることができます。ゲスト ユーザーは一般的にインターネット アクセスのみを取得し、社内ネットワーク リソースを見ることはありません。IT はネットワークに接続されているデバイスを可視化して制御でき、アクセスをいつでも取り消せます。事前のセキュリティ ポスチャー (健全性) チェックと修整を行うことで、セキュリティがさらに強化されます。