OpenG

概要:

OpenG は、従来のマクロ ネットワークとの接続が難しい屋内のセルラー カバレッジとキャパシティを改善する、ラッカスの技術イノベーションです。新しい周波数帯共用 (CSS) 機能をスモール セル技術と組み合わせて、ライセンス型セルラー接続を屋内で実現します。米国において OpenG ソリューションは、FCC (Federal Communications Commission) が定める CBRS (Citizens Broadcast Radio Service) 規制下で 3.5GHz 周波数帯を使用します。ラッカスは、ワイヤレス業界のリーダーで構成されるグループの一員として、CBRS を活用したソリューションの開発、マーケティング、プロモーションを推進しています。(リリースはこちら。)

利点:

従来のセルラー サービスは、屋外ではセルラー マクロ ネットワークに接続し、セルラー信号が弱い室内では WiFi を利用するという二者択一型でした。モバイル通信中にオフィスの建物や屋内駐車場に入ったことがあれば、なぜこれが問題なのかおわかりでしょう。多くの建物の中、特に新建材を使った建物では、ユーザーがサービスを利用したくても、ライセンス型無線周波数帯で運用されるセルラー サービスの信号を通さない場所がありました。特に屋内の奥まったところでは、セルラーの「デッド ゾーン」に入り込むと通話が切断され、契約者は不満を募らせていました。

LTE と WiFi の融合、そして CSS の登場により、これらすべてが過去のものになりつつあります。サービス プロバイダーや企業はラッカスの OpenG などのソリューションを使用して屋内で「ニュートラル ホスト」スモール セルを導入し、かつては届かなかったような場所にセルラー接続を拡張できます。その結果、屋内カバレッジが向上し、ユーザーの満足度が高まり、マネージド ワイヤレス サービスに新しい商機が生まれます。