フットフォール分析

位置情報と分析

概要:

フットフォール分析とは、公共施設 (特に小売店) でのワイヤレス ネットワークを使用し、実環境における顧客の行動について深い洞察を得るための手法です。

利点:

オンラインは現代の小売事業にとって非常に重要ですが、買い物体験の中では未だに実店舗が大きな役割を果たしています。最近は世界中の小売業者が位置情報分析を使用し、オンラインに見られるような、パーソナル化されターゲットを絞った買い物インテリジェンスを実店舗で活用しています。ラッカス Smart Positioning Technology (SPoT) などの位置情報分析ソリューションでは、小売業者は顧客が空間をどのように使用しているかを正確に把握できます。店内のトラフィック パターンを表示する、商品の最適な場所を棚レベルで特定する、店舗レイアウトを最適化する、売上と施設滞在時間を伸ばす、その他様々なことを行えます。