エアタイム フェアネス

パフォーマンス最適化

概要:

エアタイム フェアネスとは、各デバイスの論理データ速度にかかわらず、接続されているすべてのクライアントが同じ時間のエアタイムを得られるようにするためのラッカス AP 機能です。

利点:

会議室内でワイヤレス デバイスのパフォーマンスが低下した経験はありませんか。これは、一部のデバイスで古いワイヤレス技術が使われている混在環境や、一部のクライアントが他のクライアントよりもかなり離れた場所にある場合に見らる現象です。先生がおやつを配るときのように、アクセス ポイント間ではキャパシティが同等に共有され、各デバイスでは順に同数のパケットがダウンロードされます。同僚の古いラップトップや、ホールの反対側から接続されているタブレットでダウンロードする時間が大幅に増えると、速度の低下はその AP に接続している全員が体感できるほど顕著になります。

一方、エアタイム フェアネスでは、受信するパケットの数にかかわらず各デバイスに同等の通信時間が与えられます。このため、古いクライアントや離れた場所にあるクライアントは他のクライアントの速度低下の原因にならず、ネットワーク キャパシティが増加します。