エアタイムの混雑解消

パフォーマンスの最適化

概要:

AP とクライアントは継続的に管理フレームを交換して、接続を維持します。エアタイム混雑解消は、AP と超高密度環境のクライアントとの管理フレーム交換を制限するラッカスの技術です。

利点:

超高密度 Wi-Fi 環境では、過剰な管理トラフィックが利用可能な Wi-Fi スペクトラムを飽和させます。これにより、接続が劣化し、クライアントごとのスループットが下がり、接続状況が悪くなります。クライアント体験が損なわれます。

エアタイム混雑解消技術により AP はクライアントを選択して応答できるようになるため、ネットワーク全体の効率が高まり、エアタイムの使用が増加して、結果的にユーザー体験が向上します。

関連商品とソリューション