SmartZone ソフトウェア プラットフォーム

ラッカス SmartZone ソフトウェア プラットフォームでは、アプライアンス、バーチャル、クラウド環境のワイヤレス LAN (WLAN) コントローラーで統合されたソフトウェア アーキテクチャを利用できるため、導入の柔軟性が最大限に高まります。この新しい WiFi ソフトウェアは驚異的な柔軟性を提供します。最大 300,000 個のデバイスにまで拡張でき、シングルおよびマルチテナントを提供し、さらに、変化するビジネス ニーズに合わせてネットワークを拡張、変更できます。

ラッカス バーチャル SmartZone

クラウド環境での利用を念頭に設計されたサービス プロバイダー クラスの WLAN コントローラー

vSZ は、あらゆるタイプのサービス プロバイダーが各々の顧客に完全なマネージド サービスを提供するために必要な重要コンポーネントです。これには、顧客の施設に設置されているアクセス ポイント、およびデータ センターにあるバックエンド システムの管理が含まれます。最も重要なバックエンド システムのひとつに WLAN コントローラーがあります。vSZ は業界最先端を行く SCG-200 のバーチャル バージョンで、MSP はネットワーク機能仮想化を活用して、完全なクラウド型サービスを提供できます。vSZ はオープンソース KVM または Vmware ハイパーバイザーのどちらでも動作します。

ラッカスは、vSZ に加えバーチャル SmartZone データ プレーン (vSZ-D) を提供いたします。これは、ユーザー データ トラフィックをセキュアに集約するための補完的 NFV 対応ソリューションで、ネットワーク構成を簡素化しながらも、大規模ネットワーク内での導入オプションを拡大し、増大するユーザー データ量に対応できます。データ管理にトンネリング手法を必要とする主要なアプリケーション (VoIP やゲスト アクセスなど)において、vSZ-D はこうした要件を満たすことのできる費用対効果に優れた柔軟な導入オプションです。

プラットフォーム比較