SmartZone ネットワーク コントローラーについて

1 つのコントローラー型システムを使用して有線/無線ネットワークを管理

ラッカスにより、IT は業界で初めて 1 つのネットワーク要素 - ネットワーク コントローラー - を使用して、有線/無線ネットワークを同時に直接制御および管理できるようになっています。IT は別のスタンドアロン ネットワーク管理システムを使用してスイッチとアクセス ポイントを別々に管理する必要がなくなりました。まさにシンプル。

SmartZoneOS 5 が搭載された新しいネットワーク コントローラーでは、サービス プロバイダーと企業が SmartZone コントローラーを好んで選択する決め手となった以下の同じ機能を統合管理で利用できます。

  • 広範 — IT は、1 つのコントローラー コンソールを使用して、有線/無線の両方のネットワークを制御および管理できます。
  • 簡単さ — 共通の自動検出処理によってプロビジョニングの遅延とエラーがなくなります。
  • 開放性 — オープン API により、IT はコントローラー機能を呼び出すことができ、ストリーミング API により、さまざまなネットワーク データ、統計、アラームをほぼリアルタイムでプッシュできます。
  • 柔軟性 — IT は、一元型または分散型、物理または仮想、オンプレミスまたはデータ センター / プライベート クラウドなど、任意のネットワーク アーキテクチャを任意の規模で導入デプロイできます。
  • 拡張性 — 最大 45 万クライアントのネットワークに拡張できるコントローラーです。