位置情報サービス ソリューション

効率と顧客エンゲージメントを向上

基本的な接続を超える優れた WiFi を駆使して、かつてないほど業務効率を改善し、顧客にエンゲージしましょう。ラッカスの位置情報サービス製品 (SPoT) を使用すれば、小売、スタジアム、輸送ハブは、顧客の正確な位置に基づいてその顧客とかかわることができるようになります。Ruckus SPoT はラッカスの WLAN 上でデプロイされるため、ハードウェアを追加する必要がなく、クラウド上で無限に拡張できます。リアルタイムの移動更新、ターゲット プロモーション、授業用のメモまでも客流と近接分析を通して送信し、顧客関係を充実させます。

SPoT の活用

ラッカスのスマート位置情報技術 (SPoT™) LBS では、ゾーン、フロア、場所ごとのヒートマップによる客流の可視化など、重要なデータを取得できます。ラッカス SPoT LBS は、クラウド サブスクリプション サービスとして、もしくは継続的な費用の発生しない SPoT の仮想インスタンスである Virtual SPoT をオンプレミスで、または顧客のデータ センターで導入することが可能です。

サービスのレベル

SPoT Point

ドロップピン分析によって、80% の信頼度、3 ~10 m の精度で顧客の位置をリアルタイムに特定可能です。高密度の導入に最適です。

SPoT Presence

近接分析を使用し、至近アクセス ポイント周辺にあるデバイスの全体的な数を検出します。導入 AP の数が少なく、位置情報分析に高い精度を求めない小規模施設に適しています。

Bluetooth Low Energy (BLE) ビーコン技術の統合

BLE ビーコンは、特定の位置から 1 ~ 50 メートルの近接ベースのインタラクションを増幅することで、WiFi 位置情報分析を拡張します。ラッカスの AP は、BLE ビーコンの双方向分散管理、および資産とセキュリティの監視プラットフォームとして使用できます。ラッカスは、位置情報および近接ベースのモバイル エンゲージメントのリーダーである Gimbal とのパートナーシップにより、ラッカス AP を使用して Gimbal ビーコンを活用しています。Ruckus R710 屋内アクセス ポイント (AP) および Ruckus H500 ウォール スイッチは、Gimbal および iBeacon 技術を Ruckus SmartZone および ZoneDirector コントローラーでサポートするようになりました。

LBS エコシステム プログラム

ラッカス LBS が提供するエンゲージメント API を活用すれば、主要なエコシステム パートナーは、位置情報インテリジェント機能を備えたモバイル アプリケーションをを開発できます。主要なエコシステム パートナーには、AisleLabsRaGaPaSkyFiiPurple WiFi などがあります。

モバイル アプリケーション

iOS版または Android 版をダウンロードしてください。

Fiera Milano

Fiera Milano and Fastweb Innovate New Revenue Generating Wi-Fi Services