Ruckus R730 の概要その他

超高密度の環境で比類のないワイヤレス パフォーマンスを体験

デバイスとアプリケーションの爆発的な増加は、より高速で優れた Wi-Fi への飽くなき要求を生み出しています。この要求に対応するため、Ruckus R730 (802.11ax アクセス ポイント) とラッカスの超高密度テクノロジー スイートは、他のどのベンダーも太刀打ちできないサービスを提供しています。それは、スタジアム、講堂、コンベンション センター、移動ハブ、その他の公共施設でのパフォーマンス低下に耐える Wi-Fi ソリューションです。

現在ご利用のエンタープライズ Wi-Fi ネットワークは、地下鉄の駅や公共交通機関で一時クライアントによるネットワーク劣化を抑制できますか? その Wi-Fi ネットワークは、スタジアムや講堂の中でユーザー トラフィックに悪影響を及ぼす、AP とデバイスの両方からの管理トラフィックをインテリジェントに抑制できますか? また、管理とワイヤレス機械学習イノベーションに加えて、高度なハードウェアを提供しますか?

ご安心ください。ラッカスはこれらすべてに対応します。

詳細情報:

Golden 1 Center

Golden 1 Center the Most Connected Arena in the World

Dr Pepper Ballpark

Dr Pepper Ballpark Amplifies the Fan Experience with Wi-Fi

ラッカス ブログ
802.11ax fundamentals: Target Wake Time (TWT)
Connecting smart cities with 802.11ax APs
Ruckus targets ultra-high-density Wi-Fi deployments with R730 AP
Let’s talk about Wi-Fi and the 2022 World Cup
ビデオ

802.11ax 

一般的なワイヤレス技術

概要:

802.11ax は最新の Wi-Fi IEEE ワイヤレス規格です。この新規規格は、さまざまな点で非常に進化しています。  マルチ入出力 (MU-MIMO) 技法を拡大し、802.11ac Wave 2 の 4 ストリームから、最大 8 ストリーム まで同時送信できるようになっています。さらに、MU-MIMO をベースに直交周波数分割多元接続 (OFDMA) 技術を採用し、MU-MIMO の各ストリームを 4 つの追加ストリームに分割して、ユーザーごとの有効平均スループットを 4 倍に増やします。

1024-QAM によるモジュレーションとコーディングの新規セットを採用することで、パケットごとの送信データを増やし、スループットを向上させます。また、物理的および MAC レイヤーの全体的な効率を高め、バッテリー電力管理を改善します。

旧規格を 1 つしかないスーパーのレジに長い列を作って並ぶ買い物客に例えるとすれば、802.11ac の MU-MIMO はそれを 4 つのレジに増やして 4 列の買い物客に対応できるようになったようなものでした。802.11ax ではそれをさらに 8 つのレジに増やして 8 列の買い物客に対応できるようになりました。さらに OFDMA では、手が空いているときに 1 つのレジで複数の買い物客に対応できるようになっています。最初の買い物客が何かを取りにレジをちょっと離れている間に、次の買い物客に対応できるといったことを想像してみてください。

利点:

Wi-Fi は現在、何十万ものデバイスが帯域幅を奪い合ってる満員のスタジアムや混雑した空港に導入されており、現在の 802.11ac 規格による対応は苦戦を強いられています。802.11ax は、高密度環境でユーザーごとの平均スループットを 4 倍に増加させます。

この最新規格をラッカスの超高密度テクノロジー スイートと組み合わせることで、最高のエンドユーザー体験を提供できます。

超高密度テクノロジー スイート

パフォーマンス最適化

概要:

ラッカス超高密度テクノロジー スイートは、超高密度環境、特にスタジアム、公会堂、コンベンション センター、輸送ハブ、講堂で、ネットワーク パフォーマンスとエンドユーザー体験を向上させる機能と技術を集めたものです。

以下のラッカス特有な専有技術が含まれます:

利点:

デバイス、そして要求の厳しいアプリケーションが増加するにつれ、より高速で優れた Wi-Fi への需要は高まるばかりです。この需要は、オフィスにも、空港や電車の駅などの混雑したエリアにも見られます。

802.11ax などの最新の Wi-Fi 規格によってある程度の対応は可能ですが、それだけでは十分ではありません。ラッカスの専有技術と新規格 802.11ax を組み合わせることにより、超高密度環境で最高のエンドユーザー体験を提供できます。

関連商品とソリューション

一時クライアント管理

パフォーマンス最適化

概要:

一時クライアント管理は、統計的手法を使用して、ラッカス AP と一時クライアント (AP の信号到達エリアに一時的に入るデバイス) との関連付けを遅らせる機能です。

利点:

高密度 Wi-Fi ネットワークでは、すでに接続されているクライアントの接続状況が悪くなるユーザー体験を一時クライアントが損なう可能性があります。この問題は、電車の駅、バス ターミナル、さまざまなホット スポット施設で、エリアを通過する何千個ものデバイスが、接続する意図のない AP に管理フレームを送信するような場合に頻繁に起こります。これにより、不要なトラフィックがネットワークに負担をかけ、Wi-Fi の速度低下を引き起こします。

一時クライアント管理により、ラッカス AP は既に接続されている一時的でないクライアントへの対応を最大にし、エアタイムの効率を高めることができます。

関連商品とソリューション

エアタイムの混雑解消

パフォーマンス最適化

概要:

AP とクライアントは継続的に管理フレームを交換して、接続を維持します。エアタイム混雑解消は、AP と超高密度環境のクライアントとの管理フレーム交換を制限するラッカスの技術です。

利点:

超高密度 Wi-Fi 環境では、過剰な管理トラフィックが利用可能な Wi-Fi スペクトラムを飽和させます。これにより、接続が劣化し、クライアントごとのスループットが下がり、接続状況が悪くなります。クライアント体験が損なわれます。

エアタイム混雑解消技術により AP はクライアントを選択して応答できるようになるため、ネットワーク全体の効率が高まり、エアタイムの使用が増加して、結果的にユーザー体験が向上します。

関連商品とソリューション

ネットワーク キャパシティ利用

パフォーマンス最適化

概要:

ネットワーク キャパシティ利用では、内蔵のアダプティブ クライアント管理技術でクライアントの負荷を多数の AP、多数のバンド幅にわたって均等に分散し、超高密度環境で AP からクライアントへの最適なリンクを維持することで、ネットワーク全体のキャパシティとエアタイム使用率が向上します。

利点:

高密度ネットワークでは AP のクライアント ロードが不均一になり、ネットワーク全体のキャパシティを効率的に利用できません。このため、クライアントから AP へのリンクの品質が最適にならず、クライアントのスループットが低下します。

ネットワーク キャパシティ活用では、リアルタイム学習技法を採用し、動的ネットワーク ロードに応じてリンク品質とキャパシティを向上させながらクライアントと AP を関連付けるため、ネットワーク全体のキャパシティが増加し、クライアントごとのスループットが増加し、ユーザー体験が向上します。

関連商品とソリューション