Ruckus ICX 7650

High Performance Multigigabit Access and Aggregation Switches With 100GbE Support

The Ruckus ICX 7650 Switch is designed to meet the new challenges of the multigigabit wireless era. It delivers non-blocking performance, high availability, and scalability with Multigigabit Ethernet access (2.5/5/10GbE), high PoE output with 802.3bt** support as well as 10 Gigabit Ethernet Aggregation and 40/100GbE uplink options.

The ICX 7650 is an ideal solution for future proof campus edge deployment as an underlay to support the most demanding next genration wireless infrastructure. Additionally the fiber version of the switch delivers a highly cost effective medium density 1/10GbE aggregation solution with 24 SFP & 24SPF+ ports and 40/100GbE uplinks.

The ICX 7650 supports Ruckus Campus Fabric* as both a Port Extender (PE) and a Control Bridge (CB) delivering unmatched flexibility, scalability and simplified management for campus network deployments.

**Up to 90W per port, IEEE 802.3bt standard pending ratification. Compatible with uPoE.

Maximum Performance and Future-Proofing for 802.11ac Deployments and Beyond
Up to 24x 1/2.5/5/10G Multigigabit Ethernet ports
Up to 2x 100GbE uplink or stacking ports
Up to 2x 40 GbE uplink or 4x 40GbE stacking ports
PoE+/802.3bt** up to 90W per port
Up to 1500W PoE budget with two power supplies
High Availability for Aggregation/Distribution Deployment
Dual load sharing power supplies for system power redundancy
Redundant uplink/stacking ports
Instantaneous hitless failover to a standby controller
Stack level ISSU for continuous operations
Hot-insertion/removal of stack members to avoid service interruption
Advanced Features Delivers Great Design Flexibility
IPv4 and IPv6
BGP, OSPF, VRRP, PIM, PBR
VRF
MCT
VXLAN

Overview

  • Switching Capacity (Max)
    1.128 Tbps
  • Available Ports
    • Up to 48 1 GbE RJ-45 ports
    • Up to 24 1 GbE SFP ports
    • Up to 24 2.5/5/10 GbE RJ-45 ports
    • Up to 24 10 GbE SFP+ ports
    • Up to 2 40 GbE QSFP+ ports
    • Up to 2 100 GbE QSFP28 ports
  • Switches Per Stack (Max)
    12
  • Aggregated Stacking Bandwidth
    2.4 Tbps
  • PoE Technology
    PoE/PoE+/802.3bt** (90W)
  • Redundant Power Option
    Yes
  • sFlow
    Yes
  • OpenFlow (SDN)
    Yes
  • Campus Fabric Technology
    Yes*
  • L3 Capabilities
    RIP, OSPF, BGP VRRP, PIM, PBR, VRF
  • Hot-swappable PSUs and Fans
    Yes
  • Front-to-Back or Back-to-Front Airflow
    Yes
  • MCT
    Yes*
  • EEE
    Yes
  • VXLAN
    Yes*
  • MACsec
    Yes
  • *Available in a future software release

Campus Fabric 技術

パフォーマンス最適化

概要:

Ruckus Campus Fabric は、オープン規格である IEEE 802.1BR ブリッジ ポート拡張技術を基に、ネットワーク アクセス、アグリゲーション、およびコア レイヤーを、サービスを共有する単一のドメインにまとめて、プレミアム、ミッドレンジ、エントリー レベルの各スイッチを統合しています。

コントロール ブリッジとポート エクステンダーは、Campus Fabric の構成要素です。従来のアグリゲーション / コア レイヤーは、完全な Campus Fabric 技術の頭脳であるコントロール ブリッジとして動作するスイッチに置き換えられます。アクセス レイヤーは、ポート エクステンダー モードで動作するスイッチに置き換えられます。これらのスイッチによって、PC、ラップトップ、IP 電話、その他のアクセス デバイスに接続することが可能になります。コントロール ブリッジは、IEEE 802.1BR 規格に定義されているプロトコルを使用して、接続されているポート エクステンダー デバイスと通信します。

利点:

従来のアクセス ネットワークは非常に効率が悪く柔軟性に欠けるため、ネットワーク チームは各ネットワーク デバイスに接続してリソースをプロビジョニングし、構成の変更を適用し、ネットワーク ポリシーをデプロイしなければなりません。

Ruckus Campus Fabric は従来の 3 層ネットワーク設計と異なり、ネットワークを 1 つの論理デバイスにまとめます。この設計ではコントロールを一元化し、サービスの導入と管理を簡素化し、成長に合わせて簡単に拡張することが可能です。スイッチ間のリンクはすべて常時アクティブになっており、トラフィックのロード バランシングが行われます。つまり、以下の利点があります。

  • パフォーマンスの最適化
  • 耐障害性の向上
  • ネットワーク サービス導入の高速化

関連商品とソリューション

マルチギガビット技術

一般的なワイヤレス技術

概要:

IEEE 802.3bz 規格を始めとするマルチギガビット技術で、2016 年に 2.5GBASE-T および 5GBASE-T として正式にリリース。IEEE 802.3bz はツイストペア銅線経由イーサネットの規格で、速度は 2.5 Gbps または 5 Gbps です。

利点:

IEEE 802.3bz 規格を始めとするマルチギガビット技術で、2016 年に 2.5GBASE-T および 5GBASE-T として正式にリリース。IEEE 802.3bz はツイストペア銅線経由イーサネットの規格で、速度は 2.5 Gbps または 5 Gbps です。

OpenFlow ハイブリッド ポート モード

パフォーマンス最適化

概要:

ブロケードの OpenFlow ハイブリッド モードでは、ユーザーは Ruckus ICX スイッチの任意のポートで OpenFlow を有効にすることができます。その一方で、従来のスイッチング機能も同時にサポートされます。遅延が生じることもありません。

利点:

お客様は、既存の実稼働ネットワークに OpenFlow オーバーレイを作成することを望んでいます。OpenFlow オーバーレイは、新しいプレミアム サービスと SDN アプリケーションをアンダーレイ ネットワーク上でサポートするために使用します。プロケードのハイブリッド ポート モードでは、別のネットワークを使用しなくとも、SDN と OpenFlow の機能を活用できます。

関連商品とソリューション

sFlow

位置情報と分析

概要:

sFlow は、Ruckus ICX スイッチに埋め込まれた標準型のパケット サンプリング技術です。ネットワーク マネージャーはこれを使用して、拡張可能な技法でネットワーク トラフィックを測定し、トラフィック データを収集、保存、分析できます。これにより、1 ヶ所から何万ものインターフェイスを監視することが可能になります。

利点:

ビジネス基幹業務のネットワーク サービスへの依存がますます強まる中、ネットワークに何らかの変更を加えると、ネットワークのパフォーマンスと安定性に影響が出ます。さまざまなリンクで sFlow を構成しておくと、以下の作業に役立てることができます。

  • これらのリンクにおけるトラフィックの統計とトレンドを分析する
  • 予期せぬネットワーク渋滞に対応する
  • キャパシティ プランニングを向上させる

関連商品とソリューション

VXLAN

Management Simplification

What it means:

Virtual Extensible LAN (VXLAN) is a standard based encapsulation protocol that enables running an overlay network on the top of an existing physical network. An overlay network is a virtual network that delivers L2 services on the top of an exiting L3 network infrastructure creating new virtual L2 broadcast domains decoupled from the underlay network physical topology.

Why you should care:

VXLAN makes it easier for network engineers to bridge network segments across physical locations separated by L3 boundaries. It also facilitates traffic isolation between various applications and various classes of users or tenants, promoting security and privacy. VXLAN deployed on campus networks can speed up new location onboarding and reduces complexity when deploying new applications and network services across the campus.

関連商品とソリューション