Ruckus ICX シリーズ スイッチ

柔軟な拡張性と簡素化された管理

Ruckus ICX シリーズ スイッチは、完全、拡張可能、かつ安定したネットワーク ソリューションを提供するために他の機器と連携動作する固定構成スイッチです。遅延が少ないノン ブロッキング アーキテクチャにより、要求の厳しい今日のビデオ、ユニファイド コミュニケーション、VDI、モバイル アプリケーションで優れたスループットを確保します。

スタンドアロン スイッチ、スタック、またはファブリック ネットワークとして導入できるため、顧客は柔軟なプラットフォームのメリットを得ることができ、投資を確実に有効活用できます。

最大 12 基の Ruckus ICX スイッチをスタックし、標準のカッパー ケーブルと光ファイバ ケーブルを使用して 10 km 以上の距離を隔てて 1 つの論理スイッチにできます。

  • スイッチの自動プロビジョニング
  • スタック メンバーを簡単に挿入または入れ替え
  • ダウンタイムなしでサービスを継続しながら、スタック全体にソフトウェア アップグレードを適用

Ruckus Campus Fabric 技術を使用すれば、耐障害性の高いファブリック ネットワークを作成して単一障害点を排除できるだけでなく、他の重要機能を以下のように活用できます。

  • 複数のスイッチ製品を一元管理することで保守の時間と費用を削減
  • 共有ネットワーク サービスで、プレミアム コア スイッチの高度なサービスをエントリ レベルのアクセス スイッチで利用
  • 36 個までのアクセス スイッチを 1 つの論理スイッチとして管理

将来的な SDN 導入に向けた優れた基盤となります。スイッチはハイブリッド ポート モードで動作するため、従来のプロトコルおよび OpenFlow によるフローを同時に実行し、中断なしに SDN に徐々に移行できます。