ZoneFlex R710

Great Performing 802.11ac Wave 2 Wi-Fi 4x4:4 IoT Ready Access Points

Building upon the successful experience with 50,000 customers relying on our Wi-Fi solutions to power their networks with industry leading innovations such as BeamFlex+.

The R710 delivers very high performance Wi-Fi, increased device density, and Wi-Fi monetization with Internet of Things (IoT) technologies enabling new business models for enterprises and service providers.

Maximize Wi-Fi Speeds
Mitigate interference and extend coverage with patented BeamFlex+ utilizing over 4,000 directional antenna patterns
Supports 4 MIMO spatial streams to achieve the highest possible data rates
Improve throughput automatically with ChannelFly which dynamically finds less congested Wi-Fi channels to use 
Connect More Devices
Support more simultaneously devices with three MU-MIMO spatial streams.
Connects the latest devices with concurrent dual-band radios (2.4GHz / 5GHz) with support for legacy clients
Deliver More
Augment AP capabilities through the onboard USB 2.0 port to support technologies like BLE
Enable location-based analytics with only Wi-Fi APs and Smart Positioning Technology (SPoT).
Support big data analytics with SmartCell Insight (SCI)
802.3af power mode option allowing to leverage legacy PoE switches and to easily deploy
  • Description
    High-end 802.11ac Wave 2 AP with MU-MIMO and BeamFlex+
  • Maximum PHY rate
    1,733 Mbps (5GHz)
    800 Mbps (2.4GHz)
  • Wi-Fi technology
    802.11ac Wave 2 (5GHz)
    802.11n (2.4GHz)
  • Concurrent users
    512
  • Radio chains:streams
    4x4:4
  • BeamFlex gains
    6dB
  • Max. interference mitigation
    15dB
  • PD-MRC
    Yes
  • Rx sensitivity
    -104dBm
  • ChannelFly
    Yes
  • Smart meshing
    Yes
  • USB
    Yes
  • Ethernet ports
    2

BeamFlex アダプティブ アンテナ技術

パフォーマンス最適化

概要:

高性能の小型アダプティブ アンテナ システムで、アンテナ プロパティを電子的に操作する複数の要素が搭載されていて、通信相手の各デバイスに最適なアンテナ パターンを形成できます。

利点:

従来のワイヤレス アンテナは「全方向性」(信号を全方向に発信する) または「指向性」(信号を一方向に発信する) のどちらかです。ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術では、より適応力の高いアプローチをとっています。BeamFlex 技術では、ラッカス AP に搭載されているアンテナ システムが周囲の環境を持続的に感知して最適化できます。 このアンテナ システムでは無線干渉、ノイズ、ネットワーク パフォーマンスの問題が最低限に抑えられ、アプリケーション フローが改善されます。これには以下の利点があります。

  • パフォーマンスと信号到達範囲の向上
  • 非常に明瞭なビデオおよび音声通信
  • 電力効率の最大化

BeamFlex+ では、ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術を進化させ、アダプティブ技術をモバイル デバイスに適用できるようになりました。BeamFlex+ では、クライアント デバイスの場所に加えて、クライアント デバイスの向きにアンテナを適応させることができます。

ダイナミック事前共有鍵 (DPSK)

セキュリティとオンボーディング

概要:

ダイナミック事前共有鍵 (DPSK) は、ラッカスが開発した技術で、各デバイスまたはユーザーに一位の PSK 資格情報を渡すことによってシンプルでセキュアなアクセスを実現します。従来の事前共有鍵 (PSK) は、WLAN 上の全ユーザーに共有されるため、本質的に脆弱です。パスフレーズが侵害されると、WLAN 全体のトラフィックが、受動的な第三者によって盗聴されるおそれがあります。また、セキュリティを維持するために、WLAN 上のすべてのデバイスをプロビジョニングし直す必要があります。これは、意図的なものであるかにどうかかかわらず、共有、クラッキング、デバイス盗難などを含めたあたらゆる形態のパスフレーズ侵害に該当します。DPSK はラッカスによる標準規格の拡張機能であり、関連付けられたデバイス一個一個に一意のパスフレーズが発行され、このパスフレーズが認証と暗号化鍵作成に使用されます。各デバイスを一意にプロビジョニングすることにより、デバイスごとまたはユーザーごとの資格情報という 802.1X の利点だけでなく、使い勝手とシンプルなネットワークという PSK の利点からも恩恵を受けることができます。資格情報の作成と取り消しを個別に行えるとともに、有効期限の間隔を設定することによって管理できます。また、(WLAN が 1 つの場合でも) 各 DPSK を一意の役割または VLAN、ACL、レート リミットなどのポリシーに関連付けることができます。

利点:

DPSK を使用すると、PSK の攻撃フットプリントを大幅に減らすことによってワイヤレス ネットワークの安全性を高めることができます。また、IT オーバーヘッドを減らし、ポリシーの柔軟性を高め、管理者の可視性と管理能力を向上させることができます。