ZoneFlex R310

Entry Level 802.11ac 2x2:2 Access Point

The Ruckus ZoneFlex R310 delivers high-performance reliable 802.11ac wireless networking at a competitive price point in a compact form factor.

Unlike any other 802.11ac wireless solution in its class, the ZoneFlex R310 combines patented BeamFlex adaptive antenna technology and ChannelFly to deliver consistent, predictable performance at extended ranges with up to 4dB of statistical BeamFlex gain and up to 10dB of interference mitigation.

The ZoneFlex R310’s ultra compact form factor fits in the palm of your hands, enabling quick and versatile installation.

Ideal for a variety of low-density enterprise and hotspot environments including small-medium businesses, retail, restaurants and multi-tenant office buildings that requires reliable high-speed client connectivity.

High Performance and Cost Effective
Two-stream MIMO 2x2:2
Concurrent dual-band (5GHz/2.4GHz) support
867 Mbps (5 GHz) and 300 Mbps (2.4 GHz) of user throughput
Up to 4dB of statistical BeamFlex gain and up to 10dB of interference mitigation
Capable of supporting up to 100 clients per access point
Adaptive antennas and Automatic interference mitigation
Up to 2x to 4x increase increase in Wi-Fi signal coverage
Automatic interference mitigation to deliver consistent, predictable performance at extended ranges
Small Form Factor for easy installation
138mm x 135mm x 30mm
Flexible mounting options include: secure mounting bracket, ceiling T-Bar or flat surface
Concurrent support for HD IPTV, VoIP and data
Support for isochronous, multicast IP video streaming
Four queues per client station
Differentiated services with multiple SSIDs
Support for up to 8 BSSIDs per radio (16 BSSIDs per access point) with unique QoS and security policies
WPA-PSK (AES), 802.1X support
Zero-IT and Dynamic PSK
Captive portal and guest accounts
RADIUS and Active Directory support
  • Description
    Entry-level 802.11ac AP with Beamflex
  • Maximum PHY rate
    867 Mbps (5GHz)
    300 Mbps (2.4GHz)
  • Wi-Fi technology
    802.11ac (5GHz)
    802.11n (2.4GHz)
  • Concurrent users
    100
  • Radio chains:streams
    2x2:2
  • BeamFlex gains
    4dB
  • Max. interference mitigation
    10dB
  • PD-MRC
    No
  • Rx sensitivity
    -99dBm
  • ChannelFly
    Yes
  • Smart meshing
    No
  • USB
    No
  • Ethernet ports
    1

ChannelFly による高度なチャンネル選択

パフォーマンス最適化

概要:

ラッカス AP の ChannelFly ダイナミック チャンネル管理技術では、クライアントによって使用されているチャンネルのパフォーマンスが低下し始めたときに、クライアントのチャンネルをより適切なものに動的に切り替えることでワイヤレス パフォーマンスを向上させます。

利点:

現在の大部分の WLAN 製品では、干渉やデバイス数超過が原因で現在のチャンネルが渋滞したときに、別のチャンネルに切り替えることができます。ただし、新しいチャンネルでキャパシティが実際に向上することが確実でない限り、チャンネル切り替えは無駄になります。そして、ほとんどのチャンネル管理戦略は、予測能力が高くありません。ChannelFly 技術では、利用可能なチャンネルをすべて評価し、AP のチャンネル切り替えを促す前に、実環境での各チャンネルのキャパシティ向上度を測定します。

ChannelFly 技術は当初、チャンネルが渋滞しがちなキャリア WiFi 環境での使用を想定して開発されました。このような高密度の公共環境でも、AP とネットワーク キャパシティは数秒以内に自動的に数倍に増加します。

BeamFlex アダプティブ アンテナ技術

パフォーマンス最適化

概要:

高性能の小型アダプティブ アンテナ システムで、アンテナ プロパティを電子的に操作する複数の要素が搭載されていて、通信相手の各デバイスに最適なアンテナ パターンを形成できます。

利点:

従来のワイヤレス アンテナは「全方向性」(信号を全方向に発信する) または「指向性」(信号を一方向に発信する) のどちらかです。ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術では、より適応力の高いアプローチをとっています。BeamFlex 技術では、ラッカス AP に搭載されているアンテナ システムが周囲の環境を持続的に感知して最適化できます。 このアンテナ システムでは無線干渉、ノイズ、ネットワーク パフォーマンスの問題が最低限に抑えられ、アプリケーション フローが改善されます。これには以下の利点があります。

  • パフォーマンスと信号到達範囲の向上
  • 非常に明瞭なビデオおよび音声通信
  • 電力効率の最大化

BeamFlex+ では、ラッカス BeamFlex アダプティブ アンテナ技術を進化させ、アダプティブ技術をモバイル デバイスに適用できるようになりました。BeamFlex+ では、クライアント デバイスの場所に加えて、クライアント デバイスの向きにアンテナを適応させることができます。