R730 屋内アクセス ポイント

超高密度環境向けの屋内 802.11ax Wi-Fi アクセス ポイント

R730 は最新の Wi-Fi 規格である 802.11ax をベースとしており、「ギガビット」の Wi-Fi と「マルチギガビット」の Wi-Fi 間のパフォーマンスのギャップを埋め、より良質で高速の Wi-Fi に対する留まることのない要求に応えます。

R730 は、大規模エンタープライズ、中小規模ビジネス、公共施設、コンベンション センター、さらに実質的にその他すべての屋内スペースで、信頼性が高くセキュアな高パフォーマンス接続を提供します。

Ruckus R730 は当社最高のキャパシティのデュアルバンド、デュアル同時接続の 802.11ax AP であり、12 の空間ストリームに対応します (5GHz で 8x8:8、2.4GHz で 4x4:4)。OFDMA および MU-MIMO 機能を備えた R730 は、超高密度環境において、1,000 以上のクライアント接続を効率よく管理し、キャパシティを増加させ、カバレッジとパフォーマンスを向上させます。さらに、5 Gbps のマルチギガビット イーサネット ポートによってバックホールのキャパシティが向上します。

また、R730 はラッカスのアプライアンス、仮想およびクラウドの管理オプションによって、簡単に管理できます。

仕様概要すべてのスペックを見る

  • Wi-Fi 規格
    IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
  • ピーク PHY レート
    2.4GHz: 1.148 Gbps (11ax)
    5GHz: 4.8 Gbps (11ax)
  • クライアント キャパシティ
    AP あたり最大 1024 クライアント
  • アンテナの最適化
    BeamFlex+
    PD-MRC
  • Wi-Fi チャンネル管理
    該当なし
  • メッシュ
    SmartMesh™ ワイヤレス メッシュ技術
  • USB
    1 USB 2.0 ポート、タイプ A
  • イーサネット
    1x 1/2.5/5 Gbps ポート、RJ-45
    1x 10/100/1000 Mbps ポート、RJ-45
  • 動作温度
    -0C (32F) ~ 50°C (122°F)

IDC Technology Spotlight資料

新たな 802.11ax Wi-Fi 規格と、それが企業にどのような変革をもたらすのかを評価。

詳しくはこちらをお読みください

高密度なエリアにおいて Wi-Fi に影響する 5 つの問題

そして、これらの問題を解消するためにラッカスが提供するソリューション