R720 屋内用アクセス ポイント

超高密度デバイス環境向けのマルチギガビット バックホール付き屋内 802.11ac Wave 2 Wi-Fi アクセス ポイント

何百ものデバイスと絶え間ないワイヤレス干渉のある混雑した屋内環境は、Wi-Fi 導入に厳しい課題を突き付けます。Ruckus R720 アクセス ポイントを使用して、高密度屋内スペースで超高速かつ信頼性の高い接続にアップグレードしましょう。

R720 はラッカス最大の容量を持つ 4 ストリーム 802.11ac Wave 2 AP です。4 ストリームの MU-MIMO 接続で、非常に広い範囲の利用可能チャネルを使って複数の Wave 2 クライアントに同時送信を行い、RF 効率を劇的に改善します。また、マルチギガビット 2.5 GbE 対応により、スイッチ ポートを追加したりイーサネット ケーブルを新たに配線したりせずに、バックホール容量を 2 倍以上に増やせます。

業界最高のエンタープライズ Wi-Fi で、安定性が高く優れたワイヤレス体験をユーザーに提供できます。

マルチギガビット バックホール
内臓 2.5GbE (802.3bz) バックホールを使用してマルチギガビット スイッチに接続し、Wave 2 Wi-Fi のマルチギガビット能力を活用できます。
目を奪う WiFi パフォーマンス
BeamFlex+ アダプティブ アンテナ技術と 4K 以上の指向性アンテナ パターンのライブラリを使用して、非常に厳しい環境でも優れたユーザー体験を提供します。
対応デバイスの増加
4 つの MU-MIMO 空間ストリームとデュアルバンド 2.4/5GHz 同時対応無線で、一度に接続できるデバイスの数を増やしながら、Wave 2 以外のデバイスのパフォーマンスも高めます。
複数の管理オプション
R720 はクラウド、またはオンプレミスの物理/仮想アプライアンスから管理できます。
最高のスループットを確保
ChannelFly 動的チャネル技術では、機械学習を使用して混雑の最も少ないチャネルを自動的に見つけます。常に、その帯域が対応する最高のスループットを得られます。
より優れたメッシュ ネットワーキング
SmartMesh ワイヤレス メッシング技術でボックスにチェックを入れて、自己形成、自己修復型のメッシュ ネットワークを動的に作ることによって、高価な配線とメッシュの複雑な構成を減らします。
拡張可能な機能
オンボード USB 2.0 ポートを使用して AP の機能を拡張し、BLE などの新しいテクノロジーを提供します。
WiFi を超える
Cloudpath セキュリティおよび管理ソフトウェア、SPoT リアルタイム Wi-Fi 位置情報エンジンおよびアナリティクス ソフトウェア、SCI ネットワーク アナリティクスでネットワークを強化します。

Overview

  • Description
    4x4:4ss 802.11ac Wave 2 access point with 2.5Gbps backhaul
  • Maximum PHY Rate
    1733 Mbps
  • Wi-Fi Technology
    • 802.11ac Wave 2 (5GHz)
    • 802.11n (2.4GHz)
  • Concurrent Users
    512
  • Radio Chains:Streams
    4x4:4ss
  • BeamFlex Gains
    6dB
  • Max. Interference Mitigation
    15dB
  • PD-MRC
    Yes
  • Rx Sensitivity
    -104dBm
  • ChannelFly
    Yes
  • Smart Meshing
    Yes
  • USB
    Yes
  • Ethernet Ports
    • 1 – 2.5GbE
    • 1 – 1GbE

Wi-Fi

Wi-Fi Standards
IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Supported Rates
  • 802.11ax: 4 to 4800 Mbps
  • 802.11ac: 6.5 to 3467 Mbps
  • 802.11n: 6.5 to 600 Mbps
  • 802.11a/g: 6 to 54 Mbps
  • 802.11b: 1 to 11 Mbps
Supported Channels
  • 2.4GHz: 1-13
  • 5GHz: 36-64, 100-144, 149-165
MIMO
8x8 MU-MIMO*
Spatial Streams
8 SU-MIMO
Channelization
20, 40, 80, 160/80+80 MHz
Security
  • WPA-PSK, WPA-TKIP, WPA2 AES, 802.11i, Dynamic PSK
  • WIPS/WIDS
Other Wi-Fi Features
WMM, Power Save, TxBF, LDPC, STBC, 802.11r/k/v

RF

Antenna Type
  • 2.4GHz Antenna
  • Omni: 2 Antennas
  • BeamFlex+ Adaptive: 2 Antennas
  • Polarization: 3 Vertical & 1 Horizontal
  • 5GHz Antennas
  • Omni: 4 Antennas
  • BeamFlex+ adaptive: 4 Antennas
  • Polarization: 6 Vertical & 2 Horizontal
Antenna Gain (Max)
  • 2.4GHz: xdBm
  • 5GHz: 3 dBi
Peak Transmit Power (Aggregate across MIMO chains)
  • 5G 8x8 mode:
  • 2.4GHz: 25 dBm, 5GHz: 29 dBm
  • 5G 4x4 mode
  • 2.4GHz: 26 dBm, 5GHz: 28 dBm
Minimum Receive Sensitivity*
  • 2.4GHz: -103 dBm
  • 5GHz: -101 dBm
Frequency Bands
  • 2.4 - 2.484 GHz
  • 5.17 - 5.33 GHZ
  • 5.49 - 5.71 GHz
  • 5.735 - 5.835 GHz
Notes
* Rx sensitivity varies by band, channel width and MCX rate.

Performance & Capacity

Peak PHY Rates
  • 2.4GHz: 1148 Mbps (11ax)
  • 5GHz: 4800 Mbps (11ax)
Client Capacity
Up to 1024 clients per AP
SSID
Up to 16 per Radio

Ruckus Radio Management

Antenna Optimization
  • BeamFlex+
  • Polarization Diversity with Maximal Ratio Combining (PD-MRC)
Wi-Fi Channel Management
ChannelFly
Client Density Management
  • Adaptive Band Balancing
  • Client Load Balancing
  • Airtime Fairness
  • Airtime-based WLAN Prioritization
Queuing & Scheduling
SmartCast
Mobility
SmartRoam
Diagnostic Tools
  • Spectrum Analysis
  • SpeedFlex
Higt Density Deployments (RF Innovations)
  • Per-Packet Adaptive Power
  • Adaptive Wi-Fi Cell Size
  • Transient Client Management
  • Air-Time Decongestion

Networking

Controller Platform Support
  • SmartZone
  • ZoneDirector
  • Standalone
Mesh
  • SmartMesh™ wireless meshing technology
  • Self-healing Mesh
IP
IPv4, IPv6
VLAN
  • 802.1Q (16 BSSIDs / radio)
  • VLAN Pooling
  • Port-based, Dynamic, per user based on Radius
802.1x
Wired & wireless Authenticator & Supplicant
Tunnel
RuckusGRE, soft-GRE
Policy Management Tools
  • Application Visibility and Control
  • Access Control Lists
  • Device Fingerprinting

Other Radio Technologies

IoT
BLE, Zigbee (Validation in Progress)
LTE
OpenG/ CBRS (Validation in progress)

Physical Interfaces

Ethernet
  • 1x 1/2.5/5 Gbps port, RJ-45
  • 1x 10/100/1000 Mbps port, RJ-45
USB
1 USB 2.0 port, Type A

Physical Characteristics

Physical Size
  • 22.19 x 24.96 x 5.8 cm
  • 8.74 x 9.83 x 2.28 in.
Weight
1.6 kg, 3.52 lbs
Mounting
  • Wall, Acoustic ceiling, Desk
  • Secure bracket (sold separately)
Physical Security
  • Hidden latching mechanism
  • Kensington lock
  • T-bar Torx
  • Bracket (902-0120-0000) Torx screw & padlock (sold
  • separately)
Operating Temperature
14 F (-10 C) to 40 C 104 F (40 C)
Operating Humidity
Up to 95%, non-condensing

Power

802.3af
TBD
802.3at
TBD
802.3bt/PoH/UPoE, Injector, 48VDC
TBD

Certifications & Compliance

Wi-Fi Alliance
  • Wi-Fi CERTIFIED™ a, b, g, n, ac
  • Passpoint®
  • Vantage
Standards Compliance*
  • EN 60950-1 Safety
  • EN 60601-1-2 Medical
Notes
* For current certification status, please see price list

マルチギガビット技術

一般的なワイヤレス技術

概要:

IEEE 802.3bz 規格を始めとするマルチギガビット技術で、2016 年に 2.5GBASE-T および 5GBASE-T として正式にリリース。IEEE 802.3bz はツイストペア銅線経由イーサネットの規格で、速度は 2.5 Gbps または 5 Gbps です。

利点:

ギガビット接続は、何年間も便利に利用され、ラップトップやスマートフォン、その他のデバイスに遅延の少ないデータを高速で提供してきました。しかし、最新のアクセス ポイントの場合、1 GbE 接続では力不足であるため、有線ネットワークがパフォーマンスのボトルネックとなっています。マルチギガビット技術は 1 Gbps 以上で動作し、新たな 2.5 および 5 Gbps のデータ速度に対応しながら、一般的に導入されている Cat 5e (2.5 Gbps 用) および Cat 6 (5 Gbps 用) 配線も活用します。このため、企業は費用効率を最大限に高めながら中断を最低限に抑えて、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化することができます。Ruckus ICX Z シリーズ スイッチと Ruckus R720 アクセス ポイントは、マルチギガビット技術と 802.3bz に対応しているため、Wi-Fi ネットワークのパフォーマンスを最大化するために役立ちます。