M510 屋内アクセス ポイント

LTE バックホール付き屋内モバイル 802.11ac Wave 2 2x2:2 Wi-Fi AP

競争の激しい市場で、マネージド サービス プロバイダー (MSP) は、自社のサービスを差別化し、新しいビジネスを切り開こうとしています。 

Ruckus M510 モバイル ワイヤレス アクセス ポイント (AP) は、LTE ネットワークをバックホールとして活用し、イーサネット接続がなくても、ワイヤレス接続できるように設計されています。

ワイヤレス LTE バックホール機能を備えた M510 は、従来はAPが配備できなかった現場にも対応が可能になりました。例えば、電車やバスなどの「車載」 Wi-Fi (モバイル AP)、期間限定のポップアップリテールや救助隊員用の緊急 Wi-Fi 設備、工事現場での一時的な Wi-Fi 配備などを実現します。M510 の LTE バックホールは、WAN 接続用のフェイルオーバーや冗長としての役割を担うこともできます。

仕様概要すべてのスペックを見る

  • Wi-Fi 規格
    IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wave 2
  • ピーク PHY レート
    該当なし
  • クライアント キャパシティ
    AP あたり最大 512 クライアント
  • アンテナの最適化
    BeamFlex+
    Polarization Diversity with Maximal Ratio Combining (PD-MRC)
  • Wi-Fi チャンネル管理
    該当なし
  • メッシュ
    SmartMesh™ ワイヤレス メッシュ技術。自己修復型メッシュ (今後リリース)。
  • USB
    1 USB 2.0 ポート、タイプ A コネクタ
  • イーサネット
    2 x 1GbE ポート、RJ-45
  • 動作温度
    -40ºC (-40ºF) ~ 65ºC (149ºF)

接続された学校のバスによりデジタルの分断の橋渡しをする

低所得の家庭の生徒は、一貫した信頼性のあるインターネット接続がないため、宿題で遅れをとる傾向があります。学校のバスに Ruckus M510 アクセス ポイントで Wi-Fi を搭載することにより、生徒に Wi-Fi のモバイルのカバレッジを提供し、デジタルの分断の橋渡しをすることができます。

詳しくはこちらをお読みください