東京女子大学、教室棟と学寮に ラッカスの無線LANアクセスポイントと仮想コントローラを導入

創立100周年に向けたITインフラ整備を支援授業やeラーニング、就職活動にインターネットを活用

9月 15,2016 - ラッカスワイヤレスジャパン合同会社(以下、ラッカス)は、東京女子大学の教室棟と学生寮の新たなネットワークインフラとして、ラッカスの無線LANアクセスポイント「ZoneFlex™ R300」、「ZoneFlex™ R500」、と仮想コントローラ「Virtual SmartZone™」(以下、vSZ)が導入されたことを発表しました。同大学では常時安定した接続を活用し、資料データベースを使った授業や授業後のeラーニングが実施されるほか、就職活動中の学生はインターネットを介した企業情報の収集やエントリーが可能になります。

同大学では、これまでキャンパス内のLAN環境の整備を順次行ってきましたが、教室棟の7号館では有線LANが無い環境であったため建屋間をブリッジングする必要がありました。無線LAN製品を選定するにあたり、高密度環境や電波干渉が激しい環境下での通信の安定性、容易な管理、高拡張性、そしてキャンパスの美観を損ねない点があげられ、いくつかの無線LAN製品を評価された結果、ラッカスの無線LANソリューションの採用が決定しました。ラッカスの無線LANアクセスポイント「ZoneFlex R500」のブリッジ機能を利用し建屋間を無線LANで繋ぐことが可能となり、イーサネットケーブルを配線することなく高パフォーマンスのネットワーク環境が構築できました。特にラッカスの特許取得技術であるBeamFlex™により、高い電波強度と安定した無線LAN接続を可能にします。また、筐体がコンパクトで設置場所の自由度が高い点も、キャンパス内の美観を大切にしている同大学の希望に沿うものでした。また、仮想コントローラのvSZはアクセスポイントの自動検出機能を備えており、既存のアクセスポイントを一台ずつ登録する必要がないので、今後のアクセスポイントの増加にも容易に対応できます。今後無線LANを利用する学生の端末数も増加するため、アクセスポイントを増やしても管理しやすいシステムであることが求められていましたが、ラッカスのアクセスポイントを採用した結果、安定性が高く運用管理が容易なネットワークが構築されました。

また、2016年4月に新設された学生寮「桜寮」でも、各部屋をカバーできる無線LANアクセスポイントが必要とされておりましたが、プライバシー保護のため採用された防音性が高く堅牢なスチールドアを隔てても、安定した無線LAN接続が得られるかが課題となっていました。すでに教室棟の7号館で採用され、高評価を得ていたラッカスのアクセスポイントで実験を行ったところ、スチールドアを隔てても無線LAN接続に問題がなく隅々まで強い電波が確認されたため、ラッカス製品の採用が決定しました。桜寮ではパソコンを使った寮内での学習だけでなく、日常的なスマートフォン利用の面でも安定した無線LAN接続が実現し、住環境の快適さについて学生から好評を得ています。

東京女子大学情報処理センター長の荻田武史先生は、次のように述べています。「本学では2018年に創立100周年を迎えるにあたり、“学習環境を整備し、現代の高等教育機関にふさわしい施設・設備を確保すること”を掲げています。また、育成を目指す人物像の一つに“21世紀の高度情報化社会に対応できる女性”を挙げ、高度なICTリテラシーを身につける教育を行うことを明文化しています。インターネットにストレスなく自由に接続できる環境は学生にとって必須と言えます。教員からも、より安定した信頼性の高いネットワーク環境を望む声は多いですね」。

同大学は今後、無線LANネットワークをはじめとするITインフラのさらなる充実を図り、多彩なEラーニングのコンテンツ活用、教員への質問などのスムーズなコミュニケーション、Web上の会議室を使った学生同士のディスカッションなど、よりインタラクティブな学びの体験を提供することを目指しています。

Media Contacts

ラッカスワイヤレスについて

ラッカスワイヤレスは、ブロケードの一組織として、世界中の70,000以上のエンタープライズ、サービスプロバイダー、行政機関、小規模企業顧客に優れたワイヤレスソリューションを提供しています。技術革新、パートナーエコシステム、カスタマーサービスを重視しており、最も過酷な屋内外環境でも最高のワイヤレスエクスペリエンスを提供します。ラッカスの「Smart Wi-Fi」プラットフォームは、オンプレミスとクラウドのWi-Fi導入用に簡略化された制御/管理機能により、スケーラブルで高性能なWi-Fiを提供します。また、セキュアオンボーディング、ポリシー管理、位置情報サービス、分析のための新しいサービスを提供し、新たなビジネス機会を実現します。

Brocade について

ブロケード(Nasdaq:BRCD)のネットワーク・ソリューションは、世界の主要企業が自社ネットワークをビジネス革新のためのプラットフォームに進化させることを支援しています。パブリックおよびプライベート・データセンターからネットワーク・エッジまでを網羅するソリューションを持つブロケードは、今日のデジタル・ビジネスに必要とされる“New IP”ネットワーク・インフラへ移行させることで業界をリードしています。詳細については、当社ウェブサイト(www.brocade.com)をご覧下さい。

Ruckus、Ruckus Wireless、BeamFlex、ZoneFlex、およびVirtual SmartZoneは、Ruckus Wireless, Inc.の米国その他の国における商標です。その他のすべての製品名と企業名は、各所有者の商標である可能性があります。