OpenG 技術

#OpenG

ラッカス ワイヤレスは、屋内セルラー カバレッジとキャパシティの問題に対応する OpenG™ テクノロジーの導入を発表しました。

以下に OpenG に関するいくつかのご質問にお答えします。

Q: 屋内セルラー カバレッジの問題とはどのようのものですか?
A: マクロセルラー無線信号は建材を通過する間に弱まるため、信号が届かなかったり途切れたりするデッド ゾーンが生まれ、これが屋内セルラーの問題となっています。このためセルラー パフォーマンスが悪く、屋内で携帯電話が繋がりにくい原因になっています。
Q: OpenG テクノロジーとはどのようなものですか?
A: OpenG テクノロジーとは、米国における 3.5 GHz などの周波数帯共用機能とニュートラル ホスト対応スモール セルとを組み合わせた技術で、これにより建物の所有者はコスト効率の高い屋内セルラーを導入し、建物の大きさにかかわらず顧客と従業員の全ニーズを満たせるようになります。ラッカスのビジョンは、DAS (分散アンテナ システム) や従来のスモール セルに代わる、非常に低価格かつ導入が簡単な、ネットワークに依存しない技術を提供することです。
Q: これは、なぜ業界にとって重要なのですか?
A: セルラー テクノロジーと WiFi テクノロジーの融合が進む中、業界は劇的なシフトの真っ最中にあります。この融合は、セルラーへの WiFi 機能取り込み (LWA、LAA)、WiFi へのセルラー機能取り込み (WiFi 電話、ホットスポット 2.0)、従来の周波数帯管理型モデル (ライセンス型または非ライセンス型) と米国 FCC が採用した新しい 3.5 Ghz 周波数帯共用型モデルの境界の曖昧化など、さまざまな形態で進行しています。

企業やサービス プロバイダーは、すべてのモバイル ネットワーク利用者に対応できるソリューションを求めています。これらのソリューションは導入が簡単で、TCO (総所有者コスト) を抑えつつ屋内パフォーマンスを向上させます。
Q: WiFi 経由の音声通信は OpenG でどのようになりますか?
A: 現在と同じです。
Q: 米国を中心とした技術ですか?
A: OpenG は米国のみならず、グローバルな商機を生み出します。CBRS (Citizens Broadcast Radio Service) とは米国 FCC が採用した新しい規制を指し、米国で 150 Mhz 周波数帯 (3550-3700 MHz) を商用に解放するものです。世界中の規制機関が、各国で CBRS に該当する周波数帯用に同様の規制を採用すると見られています。各国で CBRS に該当するサービスとして何を指定しているかに応じて、3.5 Ghz 周波数帯を使うか、他の周波数対を使うかが決まります。
Q: モバイル事業者にとってのバリュー プロポジションはどのようのものですか?
A: MNO はコストをゼロまたは最小限に押さえながらフットプリントを大幅に広げることができます。OpenG を使用すると、事業者のコア ネットワークに変更を加えずにカバレッジの問題を解決できます。

関連プレス リリース:

関連ブログ記事:

詳細については、弊社までお問い合わせください