OpenG

OpenG は、屋内のモバイル信号到達範囲とキャパシティを大幅に向上させることのできる、ラッカスのエキサイティングな新テクノロジー イノベーションです。OpenG を使用すれば、CBRS 周波数帯の共有スペクトルを使用して、シンプルな WiFi で LTE ネットワークを施設に導入できます。これによって企業や施設に屋内セルラー LTE カバレッジを提供できるようになり (スペクトル所有権不要)、すべてのサービス プロバイダーに新しい商機を生み出します。

以下に OpenG に関するいくつかのご質問にお答えします。

プレス リリース:

業界リーダーのコラボレーション
ラッカスの屋内ワイヤレス

Q: 屋内セルラー カバレッジの問題とはどのようのものですか?
A: マクロセルラー無線信号は建材を通過する間に弱まるため、信号が届かなかったり途切れたりするデッド ゾーンが生まれ、これが屋内セルラーの問題となっています。このためセルラー パフォーマンスが悪く、屋内で携帯電話が繋がりにくい原因になっています。

Q: OpenG テクノロジーとはどのようなものですか?
A: OpenG テクノロジーとは、米国における 3.5 GHz などの周波数帯共用機能とニュートラル ホスト対応スモール セルとを組み合わせた技術で、これにより建物の所有者はコスト効率の高い屋内セルラーを導入し、建物の大きさにかかわらず顧客と従業員の全ニーズを満たせるようになります。ラッカスのビジョンは、DAS (分散アンテナ システム) や従来のスモール セルに代わる、非常に低価格かつ導入が簡単な、ネットワークに依存しない技術を提供することです。

Q: これは、なぜ業界にとって重要なのですか?
A: セルラー テクノロジーと WiFi テクノロジーの融合が進む中、業界は劇的なシフトの真っ最中にあります。この融合は、セルラーへの WiFi 機能取り込み (LWA、LAA)、WiFi へのセルラー機能取り込み (WiFi 電話、ホットスポット 2.0)、従来の周波数帯管理型モデル (ライセンス型または非ライセンス型) と米国 FCC が採用した新しい 3.5 Ghz 周波数帯共用型モデルの境界の曖昧化など、さまざまな形態で進行しています。
企業やサービス プロバイダーは、すべてのモバイル ネットワーク利用者に対応できるソリューションを求めています。これらのソリューションは導入が簡単で、TCO (総所有者コスト) を抑えつつ屋内パフォーマンスを向上させます。

Q: WiFi 経由の音声通信は OpenG でどのようになりますか?
A: 現在と同じです。

Q: 米国を中心とした技術ですか?
A: OpenG は米国のみならず、グローバルな商機を生み出します。CBRS (Citizens Broadcast Radio Service) とは米国 FCC が採用した新しい規制を指し、米国で 150 Mhz 周波数帯 (3550-3700 MHz) を商用に解放するものです。世界中の規制機関が、各国で CBRS に該当する周波数帯用に同様の規制を採用すると見られています。各国で CBRS に該当するサービスとして何を指定しているかに応じて、3.5 Ghz 周波数帯を使うか、他の周波数対を使うかが決まります。

Q: モバイル事業者にとってのバリュー プロポジションはどのようのものですか?
A: MNO はコストをゼロまたは最小限に押さえながらフットプリントを大幅に広げることができます。OpenG を使用すると、事業者のコア ネットワークに変更を加えずにカバレッジの問題を解決できます。

OpenG

概要:

OpenG は、従来のマクロ ネットワークとの接続が難しい屋内のセルラー カバレッジとキャパシティを改善する、ラッカスの技術イノベーションです。新しい周波数帯共用 (CSS) 機能をスモール セル技術と組み合わせて、ライセンス型セルラー接続を屋内で実現します。米国において OpenG ソリューションは、FCC (Federal Communications Commission) が定める CBRS (Citizens Broadcast Radio Service) 規制下で 3.5GHz 周波数帯を使用します。ラッカスは、ワイヤレス業界のリーダーで構成されるグループの一員として、CBRS を活用したソリューションの開発、マーケティング、プロモーションを推進しています。(リリースはこちら。)

利点:

従来のセルラー サービスは、屋外ではセルラー マクロ ネットワークに接続し、セルラー信号が弱い室内では WiFi を利用するという二者択一型でした。モバイル通信中にオフィスの建物や屋内駐車場に入ったことがあれば、なぜこれが問題なのかおわかりでしょう。多くの建物の中、特に新建材を使った建物では、ユーザーがサービスを利用したくても、ライセンス型無線周波数帯で運用されるセルラー サービスの信号を通さない場所がありました。特に屋内の奥まったところでは、セルラーの「デッド ゾーン」に入り込むと通話が切断され、契約者は不満を募らせていました。

LTE と WiFi の融合、そして CSS の登場により、これらすべてが過去のものになりつつあります。サービス プロバイダーや企業はラッカスの OpenG などのソリューションを使用して屋内で「ニュートラル ホスト」スモール セルを導入し、かつては届かなかったような場所にセルラー接続を拡張できます。その結果、屋内カバレッジが向上し、ユーザーの満足度が高まり、マネージド ワイヤレス サービスに新しい商機が生まれます。