舞浜ユーラシア/株式会社武蔵野

老朽化し た無線L ANをラッカス製品にリプレース 確実に “つながる” 設備により顧客満足度を向上

株式会社武蔵野のスポーツ・レジャー事業部が運営する「舞浜ユーラシア 」は 、天然温泉スパとホテルを融合したリゾート施設。大型テーマパークに隣接する好立地、東京湾や都心を見晴らせる眺望の良さが受け、2006年9月の開業以来、特に家族連れに人気のスポットとして高く評価されている。その舞浜ユーラシアでは 2016 年 2 月、スパ棟とホテル棟の全館に設置していた無線LAN設備を一新。「つながりにくい」「遅い」という利用客からの声を受け、既存の無線LANアクセスポイントを全面的に入れ替え、新たにラッカスワイヤレスの無線 LAN ソリューションを導入した。訪日外国人を含む利用客の顧客満足度向上に大いに貢献しているという。

無線LANに対する不満の声が高まる

舞浜ユーラシアは、東京ディズニーリゾートのすぐ隣りに位置するリゾート施設。地下1,700m から湧き出る源泉掛け流しの天然温泉スパは、ベイエリアで最大級の規模を誇っている。2009年 11月にはホテル棟を増築。現在は日帰りスパ、全289室(スパ棟83室、ホテル棟206室)の客室 のほか、結婚式場・披露宴会場、レストラン、ペットホテルなどが併設されている。充実した設備と リーズナブルな料金により、リピート客が多いのも舞浜ユーラシアの大きな特長だ。  その舞浜ユーラシアでは、開業して間もない時期に無線LAN設備を設置し、利用客がインター ネットへ自由にアクセスできる環境を提供してきた。しかしスマートフォンの普及によって無線 LANにアクセスする利用客が増えるにつれ、無線LANに対する不満が寄せられるようになった という。  

「お客様で混雑する夜の時間帯を中心に『インターネットにつながらない』『通信速度が遅い』 『場所によって電波が届かない』といった声を聞くようになりました。“お客様ファースト”を掲げ る当施設としては由々しき事態でした」(舞浜ユーラシア 管理部 課長 山本俊治氏)

続きを読む
導入目的と要件
  • ラッカスワイヤレスの無線 LAN ソリューションの導 入により、スパ棟およびホテル棟のインターネット環 境を拡充する。
導入製品
  • コントローラ  :「Ruckus ZoneDirector 3000 ×1台」
  • アクセスポイント:「Ruckus R500」×60台