ラッカスが 5 つの他社製 802.11ac ワイヤレス アクセス ポイントを圧倒

テストで高クライアント密度環境における WiFi アクセス ポイントのビデオ ストリーミングを測定

Divergent Dynamics は最近、5 つのベンダーのミッドレンジ 802.11ac アクセス ポイント (AP) が 30 ~ 60 のクライアントにビデオをストリーミングする能力を測定するパフォーマンス テストを検証しました。テストはクリーンな RF 環境で、業界標準のテスト ツールとベスト プラクティスを使用して実施されました。

その結果、ラッカスは、負荷をかけないネットワークのテスト ケースで 60 のクライアントに非失速ストリーミング ビデオを配信することに成功した 2 つのベンダーのうちの 1 つでした。また、ネットワーク データ負荷を同時にかけた場合とかけなかった場合の両方のテスト ケースで成功した唯一のベンダーでした。他のベンダーとの差は圧倒的でした。

お客様のネットワークは学習とコラボレーションの準備が整っていますか?    ブログを読む

テスト対象製品

Ruckus R610 (802.11ac, 3x3:3)

Cisco Meraki MR42 (802.11ac, 3x3:3)

Cisco Aironet 1850i (802.11ac, 4x4:4)

HP Aruba AP-305 (802.11ac, 3x3:3)

Aerohive AP250 (802.11ac, 3x3:3)

テスト 1 – 非失速ビデオ結果

テスト 1 – 非失速ビデオ結果

テスト 2 – 非失速ビデオ結果

テスト 2 – 非失速ビデオ結果

The Ruckus Quality of Experience: Are You Ready for Streaming Video and Differentiated Services?

On Demand

Divergent Dynamics recently validated a series of performance tests that measured the ability of five vendors’ mid-range 802.11ac access points (APs) to stream video in a production environment. The results are something every network designer and administer should understand.

Join us to learn why these results are important for you and the success of your network.